動画研修が企業学習をサポートする素晴らしい手段であることは、言うまでもありません。動画学習が成長を続けるのは、学習・開発 (L&D) 専門家に好まれる手段として、マイクロ学習、ミレニアル世代との接点、従業員へのモバイル学習オプションの拡大をサポートしているからです。

今日、動画研修は、IBM や MicrosoftといったFortune 100優良企業によって、その事例研究が推奨されています。Forrester、Bersin、及びGartner所属の最先端アナリストから、リサーチに基づくサポートを得ています。学習・開発業界からもフルに適用され、少なくない世界のL&D機関が、動画をメンバー研修、新人研修、プロモーション、及び通信の中心に位置付けています。

動画研修は、もう目新しいアイデアではありません。新たな通常です。

しかし、自説はひとまず離れましょう。既に知られていることです。総じて、過去5年間に研修に時間を費やした人なら、動画が作成できる学習機会を目の当たりにしたはずです。

ではなぜ、各組織はまだ動画をその学習組織に導入していないのでしょうか。なぜ、多くの事業がより多くを動画で行うことにためらい、共有・スケールできる動画研修よりも、旅費や実際の教室に投資しているのでしょうか。

もちろん、答えは各組織によって異なります。事業によっては、今までうまくいってきたことに頼ることで、安心できます。チームが新たな方法論を試すことが、容易でない事業もあります。ただボックスをチェックして、L&Dは「網羅した」と満足している事業もあります。

いずれにせよ、指導者はテクノロジーの使用で、より多くの良い研修を実施するため、素晴らしいアイデアの数々が詰まったデジタルノートを持ち歩いています。

嬉しいことに、業界アナリストのリサーチによれば、動画テクノロジーは、企業をより賢くすることに貢献しています。

Forrester ResearchのClaire Schooleyは、各 HR及びL&Dチームが、テクノロジーが提供する全ての機会を考慮し、情報共有の新しい刷新的な方法を探すことを推奨しています。

「対面式の教室は、もう通常でなくなりました、」とSchooleyは書いています。「実際、組織によっては、非典型的で古風なアプローチです。HR及び学習専門家が使用しているのは、ポータルからアクセスした自分ペースの学習材料、事業ラインをサポートするオンラインのディスカッショングループ、ユーザーが製作した動画、有益な情報やサポートを提供する学習コミュニティ、そしてキーワード検索でアクセスしたPDF、動画、画像情報のあるオンラインナレッジセンターです。」

知識を監督する新しい手段は、どれも考慮される価値がありますが、中でも動画は独自クラスです。対面式の通信以外で、動画よりも良い知識共有の方法はありません。従業員のエンゲージメント調査で、それは明らかです。Forrester リサーチによれば、従業員は、文書、電子メール、ウェブ記事を読むより、75パーセント動画を視聴する可能性が高いのです。

しかし、自説に戻って、中心となる質問はまだ答えを得ていません。動画が学習ツールになる機会を目にする中、学習専門家は、所属する組織で企業動画プラットフォームに投資して学習・開発をサポートするよう、どうやって自社を説得しますか。 

5つの動画ベースの学習実態で、所属会社による動画プラットフォームへの投資を説得する 

毎年、計り知れない数の刷新的なアイデアが、企業予算からカットされているのは、洞察や知性の欠如のせいではなく、その緊急性が認識されないためです。

研修実践を補完・スケールするため、テクノロジーを活用したい学習・開発専門家にとって、今すぐなぜ変更が不可欠かを説明しなければ、変更の奨励はできません。

幸運にも、動画ベースの学習の早期導入者は、既に他者への道筋を描き、統計、データポイント、及びROI レポートの多くが動画プラットフォーム奨励の手助けとなります。

従業員研修のより高い効率性から、研修コストの大幅な削減まで、学習・開発プロセスで動画を使用する利点は、十分に文書化されています。ここでは、その利点のうち5つについて解説します。

1. 動画で従業員研修はより効果的になる

各会社、各業界、世界各国の研修者にとって、鍵となるチャレンジは、単に人間の記憶です。SAVOグループの最近のデータ結果は、驚くべきものです。研修セッションのわずか7日後に、従業員は平均で、扱われた材料の 65パーセントを忘れています。さらに悪いことに、半年後には、その数値は90パーセントに登ります。

しかし、ビジュアルを活用し、多様な面を持つ手段である動画は、講義や文書、PowerPoint プレゼンテーションにもない方法で、視聴者を引きつけます。

調査によれば、動画の追加で、概念や詳細を記憶する能力が改善され、その効果は時とともに増大します。スライドテキスト以外に動画のようなビジュアルを含むプレゼンテーションは、視聴者の理解をすぐに試した場合、テキストだけよりも9パーセント効果が上がり、より時間がたってから試すと、なんと83パーセント効果が高くなります。

これは、動画が研修中にそのコンテンツを後押しするだけでなく、視聴者の発表された情報の記憶力が改善されることを意味します。

関連記事: 成功し、従業員にも喜ばれる動画学習

 

2. 動画は従業員研修コストを削減する

特に大規模な組織、複数のオフィスやロケーション、または広範囲にわたるチャネルや小売流通地点がある組織にとって、毎年の研修予算の大部分が、チームを聴衆の前に出すための費用に割り当てられる可能性があります。

IBMによれば、従来の教室ベースの研修イベントで、旅費及び滞在費は、平均してイベント全費用の40パーセントに上ります。会社研修のわずか50%を e学習に変更すると、会社は2年間で純利益579百万ドルを節約しました。

Microsoftも、動画が研修費用を削減するための強力な味方であると考えます。会社の社内動画ポータルは、教室研修やより小規模のイベントの代替となりました。会社の独自の推計によれば、動画ポータルは、教室研修のコストを参加者につき1時間約320ドルから17ドルに削減しました。

Gartner リサーチも動画をサポートツールとして推奨し、これは特に繰り返されることが多い研修・通信材料に関連します。最近の報告によれば、「同じライブ会議セッションを何度も繰り返すのに比べ、コンテンツの再利用でコストや時間が削減できます。」

動画を使って既存の研修手順を補完、またはその一部を代替して累積されるコスト節約は、動画がL&D予算を減らす唯一の方法ではありません。知識保持率を上昇させ、従業員の新人研修や繊細な決定までの時間を削減できるので、 動画研修はコンプライアンスを高め、訴訟や違反行為のような法的リスクを削減します。

 

3. 動画はオンデマンドの研修に役立つ

どの研修者も、新しいクラスが予定される度に聞いたことがある言い訳は、「日程が競合している」です。

今日の会議中心の組織文化で、研修者は苦境に立たされています。各自が確実に正しい研修を受けるようにしたいが、チーム全体で(部門全体や会社全体ではなおさら)日程に空き時間がほぼないのです。果てしない仕事に直面し、ほとんどの学習・開発チームは、自分自身の日程に合うようにイベントを予定し、参加者に頼んで情報をチームに回してもらいます。

これよりも良い方法があります。研修セッションの収録により、会社はオンラインでそのセッションを誰もが利用できるようにし、視聴者が時間がある時に再生できます。動画検索機能が改善されるに従って、収録された研修セッションのライブラリに発展し、その概念をさらに先に進めることもできます。研修者がライブ聴衆を探す必要がある「プッシュ」モデルから、チームが新規セッションを収録、オンライン公開できる「プル」モデルへと変化させ、従業員が知るべき時に知るべきことを検索します。

 

4. 動画は研修材料・経験の一貫性をはかる

トピックや組織によっては、均一に教えられる必要がある題目があります。組織のサイズが増し、オフィスや店舗が追加され、業務の拡大、または新規販売チャネルが開かれるにつれ、より多くのL&Dチームにとって、それは重要なハードルとなっています。研修チームを全ての場所に同時に配置することはできないからです。その結果、重要な研修が、非研修者、例えば現地の管理部や他の「埋め合わせ」によって実施されています。それにより、ある場所での研修体験は、他の場所での研修とは異なる可能性が高まります。

動画ベースの研修の活用で、その問題が解決します。ポータブルで一貫した研修体験を各従業員に提供し、誰が研修を実施しても、各員が重要な情報を同様に取得できます。

Panoptoで収録された研修動画を視聴する: 

 

5. 動画で社内外視聴者を通して研修を拡張できる

多くの企業研修・開発チームは、宣伝のための協働になると、重大なハードルに直面します。

研修が対面で実施されると、組織の他のチームの宣伝力を活用する機会はほとんどありません。研修を奨励するための最良の策は、サインアップシートにリンクを貼るぐらいです。

動画で研修を利用可能にすると、協働の新たな機会が生まれます。社内動画研修セッションは、どの社内電子メールにも含められ、移行率は、動画を含む場合、平均して21パーセントも増えています。同様に、研修動画は、どこでも共有でき、社内のソーシャルネットワーク、ブログ、SharePointのような協働サイト、企業YouTube動画ライブラリ、その他多くの例があります。 

加えて、Forrester リサーチによれば、動画研修システムを使って、社外パートナーや顧客にも支援を提供できます。「拡張された企業は、会社の製品を販売するチャネルパートナーに学習を提供できます。例えば、製品インストール手順が載った情報、退職プランの財政オプションの理解、または製品利用の最善策についてのヒントを必要とする顧客もサポートされます。

多くの題材について、同じ研修動画を社内外の視聴者と共有でき、修正は全くまたはほとんど必要ありません。

動画プラットフォームが企業学習をサポートする方法

当社の最新ホワイトペーパー、動画を正式・非正式の従業員研修で使用する14の方法では、L&D実践者が動画でより多くを行うための事業事例を解説しています:

  • L&Dのより多くの場面で動画を使うように決定者を説得するための5つの利点 
  • 動画で正式・非正式の学習をサポート・スケールするための14のアイデア 
  • 動画プラットフォームという1 つのテクノロジーで、L&Dにとっての動画利用を簡略化する

今日の学習・開発専門家は、既に動画テクノロジーが提供する潜在力を理解しています。所属組織が乗り遅れないようにしましょう。

すぐに無料コピーをダウンロードする>>

Published: July 10, 2020