Panopto、人気の講義キャプチャ・プラットフォームのアップデートを発表

PITTSBURGH, Pa.(PRNewswire) February 10, 2009 - Panopto, Inc.は、無料講義プラットフォームの次のバージョンであるCourseCast v2.1のリリースを間近に控えていることを発表しました。また、いくつかの新しい付加機能やサービスで構成されるBlade Packのリリースも予定されています。

パノプト社の共同設立者兼CTOのエリック・バーンズ氏は次のように述べています。"CourseCast 2.1と新しいBlade Packは、CourseCastのレクチャーキャプチャープラットフォームの重要な追加機能です。CourseCast 2.1と新しいBlade Packは、CourseCastの講義キャプチャー・プラットフォームに大きな変化をもたらします。新しいブロードキャスティングアドオンにより、Panopto HostedアカウントやCourseCastをお持ちの方ならどなたでも、数百人、数千人の視聴者に向けて、デスクトップからプレゼンテーションをライブストリーミングすることができます。また、ビデオポッドキャスティングアドオンを使えば、学生は録画したものをiPodやiPhone、H.264対応のデバイスで持ち歩くことができます。また、新しい分析システムにより、教育者はプレゼンテーションの視聴パターンを迅速に把握することができ、視聴者が最も興味を持っている分野に焦点を当てることができます」と述べています。

CourseCast 2.1と2.1 Blade Packには、ユーザーと管理者の両方にとって使いやすくするためのいくつかの機能が追加されています。コンテンツ制作者にとっては、入力ソースの選択や録画開始のためのユーザーインターフェースが劇的に簡素化されました。新しいPanopto Recorderには、録画設定を記憶する機能があり、初心者ユーザーのために管理者が録画を事前に設定することも可能です。さらに、バージョン2.1では、フレームレートを調整してのスクリーン録画(動きの影響を受けやすいアプリケーション用)、視聴者が公開/非公開のメモを取る機能、CourseCastプレーヤーで直接表示されるPDFドキュメントなどをサポートしています。

管理者は、1つのWebサイトで企業全体の録画設定をリモートで管理できる機能や、Panopto Recorderが閉じていても新しい録画を自動的にサーバーに転送するバックグラウンドサービス、スピーカーのバイオグラフィー/アブストラクトのサポート、LDAPサポートの強化など、いくつかの新機能やユーティリティを利用できます。分析システムを使用することで、管理者はCourseCastサーバーがどのように使用されているかを一目で見ることができます。

CourseCast 2.1のコアプラットフォームとオプションのBlade Packは、2月の最終週にベータ版のユーザーに提供されるとのことです。ベータ期間終了後、コアプラットフォームはすべてのSocrates Program参加者に無料で提供され、Blade PackはPanopto Hosted and Service Contracts加入者に提供されます。

公開しました。2月10, 2009日