PanoptoがEpiphanのPearl Nexusの認証でビデオキャプチャ機能を向上させる

ペンシルベニア州ピッツバーグ発 -8th, 2024 2月{0} - 本日、労働者トレーニングおよび高等教育向けビデオ管理ソリューションのリーディング・グローバル・プロバイダであるPanoptoは、Panoptoの新しい認定デバイスであるEpiphanのPearl Nexusの発売を発表した。Epiphanの最新の録画・ストリーミング装置は、Panoptoのビデオ管理プラットフォームとシームレスに連携し、現代のワークフォースや高等教育機関に優れた自動ビデオキャプチャ体験を提供する。

Panoptoの最高製品責任者であるUday Ghorpade氏は、「ハードウェアベースの講義キャプチャを大規模に提供する信頼できる技術パートナーであるEpiphanと提携できたことを誇りに思います」と語った。 「このコラボレーションによって、ビデオキャプチャ体験を向上させる選択肢がさらに増えると確信している。

Pearl Nexusは、最大3チャンネルの1080pビデオを録画・ストリーミングし、クリエイティブ・コントロールとクラウド管理ツールを装備している。 幅広いビデオ入力(SDI、HDMI、USB、SRT、NDI)とプロ仕様のオーディオ入力(XLR、USB、3.5mm)を備えたPearl Nexusは、最新のAVワークフローをサポートする柔軟性を持って設計されている。 1TBのSSDドライブ、CMS統合、自動ファイル管理などの機能により、コンテンツの安全な記録と正確な配信を保証する。

エピファン・ビデオのプロダクト・マーケティング・ディレクターであるジュリアン・フェルナンデス氏は、「授業キャプチャーの需要はかつてないほど高まっており、Panoptoとの提携は、教員、管理者、学生にとって画期的なことです」と語る。 「Panoptoの多くの顧客は、自動化されたエクスペリエンス、統合の容易さ、スケールの大きなビデオ管理能力でEpiphanを信頼している。 認証は、Panoptoの全顧客に、我々のチームが最高レベルで協力し、キャンパスにおけるビデオの未来を定義していることを確信させるものである。

PanoptoとEpiphanは、現代の教育機関や営利企業のオンライン学習体験を向上させることに専心している。 このパートナーシップは、次世代ビデオ・キャプチャー・ソリューションにより、ナレッジ共有、遠隔録画、タイムゾーン、文化、キャンパスを超えたコンテンツ配信の拡張性を向上させるなど、新しい、そして将来の教育および従業員の学習デザインと配信モデルを強化する。

エピファンビデオについて

エピファンのソリューションは、プロフェッショナルなオーディオビジュアル・イベント、企業コミュニケーション、コラボレーション、遠隔学習、トレーニング、シミュレーション、医療画像、コンピューティング、産業制御室、セキュリティ、輸送アプリケーションなど、幅広い用途で使用されている。 エピファンの製品は、複数の高解像度オーディオ・ビデオソースをキャプチャ、処理、記録、共有、再生することが、効果的なコミュニケーションに不可欠なあらゆる場所で信頼されている。

Epiphan Videoは、2003年に設立された民間企業Epiphan Systems Inc.の商標である。 エピファンは、米国カリフォルニア州パロアルトとカナダオンタリオ州オタワを拠点とし、世界中に地域オフィスと認定チャネルパートナーおよびOEMのネットワークを持つ。 詳細はwww.epiphan.com。

Panoptoについて

ビデオラーニングプラットフォームのリーディングカンパニーであるPanoptoは、教育機関やよりスマートなチームにとって、未来の学習をフレキシブルなものにする。 AIを活用した機能により、学生はアクセス可能なコースワークや教室に、従業員は検索可能なトレーニングに、いつでもどこでもアクセスできる。

詳しくはwww.Panopto.com。

公開しました。2月08, 2024日