パノプトが戦略的SaaSエグゼクティブのジェイソン・ビームをCEOとして採用

11月 28, 2022 ワシントン州シアトル — 高等教育およびエンタープライズ市場の大手動画管理システムプロバイダーであるPanoptoは本日、Jason Beemが最高経営責任者(CEO)としてリーダーシップチームに加わったことを発表しました。Beemは、CEOを辞任したTobi Hartmannの後任です。

Beemは、SaaS企業のエグゼクティブリーダーとして10年以上の経験を持ち、変化を乗り越え、製品の革新とカテゴリーの成長を推進しています。

1,000万人以上のユニークユーザーを抱えるPanoptoの安全で使いやすい動画ソリューションは、世界中の大学や企業にとってミッションクリティカルなものになっています。 Beemは、同社が世界的な需要の増加と持続的な成長を経験し続けているため、リーダーシップチームに加わりました。

Panoptoの製品管理担当シニアバイスプレジデントであるJosh Pepperは次のように述べています。「Jasonは、Panoptoを次の成長段階に導くための適切な経験を持っています Panoptoが全面的に行っている投資により、私たちは動画管理の誰もが認めるリーダーであり続けることができます。」

また、Panoptoのカスタマーサクセス担当バイスプレジデントであるScott Nadzanは次のように発言しています。「Panoptoの成長を加速するためにジェイソンと提携できることを本当に嬉しく思います。学習組織におけるPanoptoの変革力は、会社とお客様の明るい未来を保証します。 Jasonがこのような厳しくともワクワクする時代に、私たちを導いてくれると確信しています」

Beem本人のコメントは次の通りです。「動画は、私たちの働き方や学習方法の基盤となっています。 Panoptoを使用すると、教育機関や企業は、どこからでも簡単かつ安全に動画を使用して知識を共有できます。Panoptoチームに加わり、お客様にサービスを提供するために業界をリードするテクノロジーの成長に関われて嬉しく思います」

Panoptoに入社する前は、Beemは11年間、施設管理ソフトウェア会社Accruentを1300万ドルから2億ドル以上の収益に成長させる上でリーダーシップの役割を担いました。 迅速な買収と統合に関する豊富な経験を持つBeemは、プライベートエクイティ企業と協力して、強力なリーダーシップチームを構築し、オペレーショナルエクセレンスを推進し、財務上の厳格さを提供することにより、プラットフォーム企業の成長を加速するのを支援してきました。

Beemは、カリフォルニア州立大学イーストベイ校でコンピューターサイエンスの理学士号を取得しています。

Jason Beemの詳細については、 LinkedInのページをご覧ください。
 

公開日:11月28, 2022