Panopto、プラットフォームのアップグレード、ライブ放送、分析をリリース

ピッツバーグ、ペンシルバニア州。(PRNewswire) April 7, 2009 - Panopto, Inc.は、無料の講義プラットフォームの最新版「CourseCast 2.1」の提供を開始し、ライブ放送や利用状況の分析などいくつかの新機能を追加したことを発表しました。

CourseCast 2.1では、シンプルなユーザーインターフェース、発表者の録画設定を記憶する機能、調整可能なフレームレートでの録画、公開/非公開のメモ書き、CourseCastプレーヤーで直接PDFドキュメントを添付して表示する機能などが追加されました。また、管理者はリモートで録画プロファイルを作成・管理したり、アプリケーションを閉じても新しい録画を自動的にサーバーに転送するバックグラウンドサービスを導入したり、Active Directoryのサポートを強化してセキュリティを向上させることができます。

マイアミ・デイド・カレッジのメディカル・キャンパスの最高情報責任者であるマーク・ネスター氏は、「バージョン2.1の新機能に非常に期待しています。再設計されたインターフェースとプリセット設定により、教員は講義をより簡単に撮影できるようになります。また、新しいビデオポッドキャスティング機能により、当校の学生はiPhoneやビデオiPodなどのポータブルメディアデバイスから講義を視聴することができます。自宅、職場、授業と常に移動している学生にとって、授業の資料を外出先で確認できることは非常に有益なメリットです」と述べています。

また、「Live Broadcast」、「Usage Analytics」、「MPEG4ビデオPodcasting」、「ActiveDirectoryグループのサポート」なども発表されました。ライブブロードキャストは、講師がプレゼンテーションを放送し、学生がブロードバンド接続されたコンピュータから講義を視聴することを可能にします。パノプトの共同設立者兼CTOであるエリック・バーンズは次のように述べています。"我々は、誰もがデスクトップから何百人、何千人もの視聴者にプレゼンテーションをライブ配信できる、新しいブロードキャストサポートに特に期待しています。"

コロラド大学デンバー校の教育支援技術マネージャーであるDavid Paul氏は、「Panopto CourseCast 2.1は非常に使いやすく、我々の講師がワンクリックで講義を録画・放送することが可能になり、ITサポートの必要性を減らすことができます。また、2.1で提供されている視聴者データについても言うことはありません。どの学生が録画を視聴したのか、どのくらい視聴したのか、さらには特定の録画のどの部分が最も視聴されたのかがわかるようになりました。これは講師や管理者にとって強力な情報となります。"

CourseCast 2.1は、すべてのSocrates Programメンバーに直ちに提供されます。Panopto HostedとSocrates Programのサービス加入者は、Live Broadcast、Analytics、ActiveDirectoryのグループサポート、Video Podcastingも受けることができます。

公開しました。4月27, 2009日