学生は実際にやってみて、より多くを学べます。

学生課題及び評価に動画を使用。

教育者は誰でも経験が最良の教師であることを知っています。外国語コースで会話を練習する、または介護コースで患者相互作用をロールプレイする場合でも、学生が学んでいることを実演する際、新たなレベルの理解が得られます。

能動学習を可能にするために、各教育者に必要となるのは時間です。Panoptoの動画プラットフォームで、学生のプレゼンテーションを大規模に収録・評価できます。学生は批判的なプレゼンテーションスキルを実践する機会を得、貴重な教室の時間を費やさずにフィードバックを得られます。

教授陣の中には、学生課題に動画の使用やデスクトップ収録を検討し始めたメンバーがいます。学生及びスタッフにとって、素晴らしいツールです。対話型の学習環境を促進し、自分自身による発見及び継続的向上を奨励します。

ワイカト大学、e学習部長、Nigel Robertson

コース動画をインターアクティブに。

学生がデジタルコース材料に従事するため、Panoptoでは、アンケート、クイズ、その他対話型ウェブコンテンツを簡単に動画に埋め込めます。主要な概念の強化、知識保持の向上、及び予定された教室内活動の開始に最適な方法です。

Panoptoの動画プレーヤーで、より対話型な視聴体験ができます。学生はメモを個人のブックマークとして保存したり、動画の再生速度を変更したり、動画内で発言・表示された任意の言葉を検索したり、学習しながら特定の関連時点まで早送りしたりできます。

講義を収録し、
クラスでの能動学習の時間を増やす。

教室で能動学習により多くの時間を作るため、教師は反転教室の教授法を積極的に取り入れ、学生は授業の前に収録された講義動画を視聴しています。

Panoptoで、講義の反転はかつてないほど簡単にでき、能動的学習にクラスの時間を費やせます。Panoptoの講義収録アプリは、スライドやスクリーンコンテンツとの並列表示により、学生のエンゲージメントを強化します。学生は、授業に来る前に収録された講義をストリームできるので、授業時間は練習や収録で扱われた新しい概念を深めることに専念できます。

Panoptoを使った反転教室についてさらに詳しく知る

昨今、講師は自分の講義を事前に収録し、収録をBlackboardにのせ、講義スロットとなるダイナミックを変更します。従って、教室の時間はセミナーベースの対話型セッションのように使用されています。

アベリストウィス大学、情報サービス、デスクトップシステムマネージャー、Tim Davies

没入型動画体験で、学生に新しい視点を与える。

もっと外の世界を教室へ運びましょう。Panoptoで、教育者は新しい没入型の動画体験を利用し、学生をバーチャルシミュレーション、デモンストレーション等に紹介できます。

Panoptoのマルチカメラビデオ、360ºビデオ、その他のサポート方法についてさらに詳しく知る

学生の学習エンゲージメントを測定。

Panoptoで教授陣は、どの学生が動画を視聴したか、視聴を止めるまでどれだけの時間視聴したか等のレポートを簡単に表示できます。この貴重な情報を使って、講師は学生の進捗を監視し、学生が学習に最も従事している部分を特定できます。