反転授業は、教育における最新の革命です。これは、古典的な形式を単純にひねったものです。講義は記録され、学生が授業時間の前に確認できるように共有され、補足の読み物、ビデオ、その他の資料も含まれます。

引き換えに、教室をひっくり返すことで、教師が生徒と直接交流できる限られた時間をより有効に活用するための授業時間が開かれます。つまり、学生がその日のレッスンを本当に学ぶのに役立つ新しいアクティブラーニングの機会が生まれます

教室を反転させる前半部分は比較的簡単です。ノートパソコンやスマートフォンのウェブカメラを使って、その日のトピックの中で講義として行われなければならない重要なポイントを録画するだけです。録画したビデオは、PanoptoのようなビデオプラットフォームやYouTubeのような公開サイトで生徒と共有することができます。

しかし、後半はどうでしょうか?反転授業の時間をどのように埋めることができるでしょうか?

 

反転授業の時間を構成するための27のアイデア

反転授業の威力は、 、生徒が授業を受ける前に基本的なことを教えてくれることです。その基礎知識があれば、教師は教室を開放して、主題の理解を深めるためのインタラクティブな議論や活動を行うことができます。

多くの教師にとって、反転授業の最も楽しい点は、従来の一方的な講義の繰り返しではなく、毎日が少しずつ異なる学習環境を作ることであり、すべてのレッスンは、教材を最も効果的に学べる活動に合わせることができます。

これは、多くの場合、反転授業は、教えられている内容や、教室の生徒が最もよく学ぶ方法に応じて、かなり異なって見える可能性があることを意味します。

反転授業の時間を構成して、最大限のインタラクティブ性と学習を実現する方法は、ほとんど無限にあります。反転授業を始めたばかりの方や、反転授業の経験者が新しいアイデアを探している方は、Epigogy社のMia MacMeekin氏が作成したインフォグラフィック( 27 Ways to Flip the Classroom )をご覧ください。

MacMeekin氏のリストには、反転した教室で考えたり学んだりするための、スマートでクリエイティブなアイデアが満載です。いくつかご紹介しましょう。

  • クラウドソーシング—アイデアが現実の世界でどのように適用されているかを見るほど学習を促すものはありません。スマートフォンやウェブカメラでそれらの例のビデオを録画する場合でも、例を見つけるように生徒に指示することは、生徒が教科書の領域外で自分の主題を見るのに最適な方法です。
  • Visit - 遠足は何世代にもわたってあらゆるレベルの教育の定番となっていますが、それには正当な理由があります: 物事を間近で見ることは学ぶのに最適な方法です。また、反転授業では、博物館や職場など、関連する場所への旅行は、そのテーマに関するフォローアップ講義のための新しいビデオの貴重なソースとなります。
  • Go Mobile - 話をするにしても、メールを送るにしても、あるテーマについてクラスの外で他の人と話し合ってもらうことは、そのテーマが世界全体とどのように関連しているのか、時代とともにどのように変化してきたのか、他の人がどのように受け止めているのかを理解してもらうための有力な手段です。さらに、その話し合いに親も参加させるようにすれば、家族全員で授業に参加することができます。

 

反転授業の時間を構成するための27のアイデア

 

Panoptoで教室を反転させてみませんか?

反転授業は、これまでにない方法で授業時間を拡大し、インタラクティブな学習を促進する可能性を秘めています。反転授業を最大限に活用することは新たな課題ですが、学生がこれまで以上に興味を持って学習できるようになることが期待されます。

Panoptoは、教師がいつでも、どこでも、どのデバイスからでも講義を録画し、安全なビデオライブラリで生徒と即座に共有できる柔軟なビデオプレゼンテーションソフトウェアを使用して、教室を簡単に反転させることができます。

ビデオを使って教室を反転させてみませんか? Panoptoの無料トライアルについては、私たちのチームにご連絡ください。