• 未分類

部門横断トレーニング:大きな利点、めったに活用されない

部門横断的なトレーニングは、新しいアイデアではありませんが、ほとんどの企業ですでにトレーニングカリキュラムの一部となっているわけではありません。あなたの組織ではそれができていませんか?

部門横断的な研修(「クロストレーニング」と呼ばれることもあります)は、物事の進め方や特徴など、会社についての知識を深めることで、社員のモチベーションを高めるための方法です。

効果的にクロストレーニングをする方法は何10種類もあります—業務のシャドーイングや役割共有などのオンロケーション方式が一般的な例です—しかしながら、組織はますます、チームの作業を共有できる、単なる日常の動画を録画することを注目してきています。クロストレーニングの経験を大規模に効果的に共有する手段として有効だと考えています。

チームが自分の仕事の役割、責任、および要件に関するインサイトを簡単に共有できる例として、私たち自身のエンジニアリングチームによるスペックレビューディスカッションのこの例を見てください。

クロストレーニングは、従業員やマネージャーに、他の人の立場で一歩離れたところから全体像を見る能力を与えるだけではありません。従業員の停滞を防ぎ、学習と専門能力の向上の機会を開き、知識、ノウハウ、スキル、および作業パフォーマンスを全面的に向上させます。

また、このような無形資産だけではなく、 クロストレーニングによる金銭的なメリットも大きいです。

まず第一に、クロストレーニングで各チームの作業の基本を共有することにより、組織がある一部門の専門家となったり、サイロ化することを避けることができます。コンサルタントのJohnReh氏によるとこの方法論では、従業員の管理に必要な柔軟性を提供できるようになるため、クロストレーニングを受けていない場合と比較して、従業員の不在または離職による生産性の損失に対する組織の脆弱性を軽減するのに役立つと主張しています。

第二に、クロストレーニングにより、従業員は新しいスキルを学び、会社にとってより価値のあるものにすることができます。それは、労働者がある特定の義務、機能、または責任を固定されることで生まれる退屈に打ち勝つことさえでき、これにより離職率を減らすことができます。

クロストレーニングを行う上での注意点

大勢を対象とした他の研修ストラテジーと同様に、希望する結果が得られるように、メッセージとメッセージの配信を改善することが重要です。

部門横断的なトレーニングプログラムを実施する際に、最初のハードルとなるのは、スタッフの間で「単に報われない責任を増やしている」という認識があることです。重要なのは、その作業を楽しいものにすること、そしてその目的が余計な仕事ではなく、真の豊かさであることを従業員に示すことなのです。

もちろん、このようなプロジェクトは小さなものではないので、それがめったに行われないのかもしれません。

業界アドバイザーのClaire Belilos氏、クロストレーニングは慎重に計画し、学習の機会として提示すべきであり、組織のマスター年間トレーニング計画に組み込んで、すべての役職と組織をカバーする必要があると書いています。

現場でのクロストレーニングは費用がかかるかもしれませんが、動画の共有性は、そのようなトレーニングを迅速、便利、かつ手頃な価格にするのに役立ちます。 Panoptoのような最新の動画プラットフォームを使用すると、あらゆるラップトップで動作する単一のソリューションで、動画の録画、共有、検索を簡単に行うことができます。Panoptoを使用すると、ほぼすべてのカメラで動画プレゼンテーションを録画し、録画を安全な「エンタープライズYouTube」に自動的にアップロードして、どのデバイスからでも共有、表示、検索できます。

動画を使用すれば、真のクロストレーニングの価値はもはや手の届かないものではありません。

詳細はこちら
Panopto が組織の企業トレーニング プログラムの補完と拡大にどのように役立つかについて詳しく知りたい場合は、当社のチームのメンバーに デモをリクエスト するか、今すぐ 無料トライアルにサインアップしてください