エンパワーメント、イノベーション、パーパスの文化を育むビデオの仕組み

近年、テクノロジーと文化の変化により、ビデオは組織学習のためのツールとしてますます価値が高まっています。スマートフォンやラップトップに搭載されたビデオカメラのコモディティ化、ミレニアル世代の間でのソーシャルビデオの文化的常態化、バーチャルチームの台頭などに後押しされ、 、テキストよりもビデオで知識を共有する方が簡単になる時期に差し掛かっています。

ナレッジ共有のためのビデオ - Panopto Video Platform

しかし、ビデオは単なる補助的なトレーニングツールではありません。ビデオは、組織のコミュニケーションを打破することができます。イノベーションや創造的な問題解決を促進することができます。そして、従業員が組織の中でのつながりや目的意識を高めることができるのです。

知識の共有やコミュニケーションのための全社的な資産として動画を活用する場合、その真価は健全な職場文化の醸成にあります。その方法をご紹介します。

#1 ビデオは従業員の目と耳を楽しませてくれる

従業員が新しいアイデアを思いついたとき、それをどのように社会化するでしょうか。伝統的な組織であれば、上司に相談し、上司がさらに検討するという流れになるでしょう。

しかし、そのアイデアを改良したり、範囲を拡大したり、あるいは実現に向けてサポートしたりと、そのアイデアから恩恵を受けることができる社内の他の人々はどうでしょうか?厳格に管理されたコミュニケーションモデルや管理者の階層が、チームの境界を越えたアイデアの流れを阻害していることがよくあります。

動画はそれを変え、社員が組織内で影響を与えられる範囲を広げています。数年前、マイクロソフト社は「社内YouTube」を立ち上げました。社員は誰でも自分のアイデアを記録し、同僚と共有することができます。3年後には1万本以上のビデオがポータルに投稿されました。

従業員が作成したビデオ は、個人の貢献意識と権限を育むものです。階級や肩書きに関係なく、誰もが自分のアイデアや洞察を、従来は組織の上層部にしかできなかった方法で共有することができます。

#2 ビデオは継続的なイノベーションのサイクルを促進する

インディアナ大学 、認知科学者のチームは、イノベーションを推進する最も効果的な方法は、突然の閃きではなく、単純な模倣と漸進的な改善であると報告しました。人々は、周囲の専門家を観察し、彼らから学び、そしてオリジナルの解決策に自分の改良を加えることでイノベーションを起こします。

私たちの多くは、より効果的な方法を常に試し、見つけています。それらの改善を組織のベストプラクティスや競争上の優位性につなげるためには、その知識を他の人と共有することが重要です。

従業員が作成した動画を奨励する組織は、すべての従業員が何かの分野の専門家であり、その専門知識を で共有することで、模倣、改善、革新の好循環をもたらすことを認識しています。.

#3 動画で社員の目的意識を高める

成功している企業は、従業員のロイヤリティを高めるためには、(財務的な業績を超えた)目的を明確に示すことが重要であることを知っています。

しかし、組織の目的を表明するだけでは十分ではありません。社員を鼓舞するためには、あらゆるレベルのリーダーが、チームの日々の活動をミッションに結びつける必要があります。
Videoがお手伝いします。

マネージャーやエグゼクティブが撮影した短いビデオは、従業員の興味を引き、やる気を起こさせる方法で、このつながりを引き出すことができます。幸いなことに、ほとんどの経営者にとって、ビデオを使ったコミュニケーションは新しいものではありません。シスコ社によると、経営者の5人に4人は、すでに毎週のようにビデオを利用しているそうです。

つまり、ビデオを単なるコミュニケーションの手段としてではなく、職場での意味づけのために活用することができるのです。

ビデオに挑戦してみませんか?
あなたの組織がビデオを使ってどのように新しい文化を築くことができるかについてもっと知りたい場合は、 デモのために私たちのチームに連絡するか、無料トライアルにサインアップする

この記事はPanoptoによるもので、 Society for Human Resources Management, SHRM Online に掲載されたものです。

公開されました。7月14, 2014日