この記事の一部は、 Chief Learning Officer に掲載されています。

映画用のカメラがポケットに入り、USBメモリに一生分のコンテンツが保存できる時代になりました。業務用ビデオ機器とストレージのコモディティ化により、L&Dチームは、数年前に比べて飛躍的に多くのビデオコンテンツを作成し、わずかなコストでトレーニングプログラムを拡張することができるようになりました。

ビデオを撮影することで、チームがより効率的にトレーニングを行うことができますが、そのトレーニングビデオ が他の従業員に最大の価値を提供することを確実にするにはどうしたらよいでしょうか。

その答えを提供するのが、動画コンテンツ管理システムです。近年、動画CMSには機械学習技術が導入され始めており、大量のデータセットからパターンを識別してソフトウェアが学習することが可能になっています。具体的には、機械学習により、従業員が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な情報を見つけられるようにすることで、動画の価値を引き出すことができるようになっています。

 

検索してください。最後の大きなビデオチャレンジ

従来の学習管理システムやその他のコンテンツリポジトリでは、動画の検索は、タイトル、タグ、説明文などのメタデータを手動で入力する方法に限られていました。

従業員にとって、これは2つの問題があります。1つ目は、検索で正しいビデオを見つけられる可能性が低くなることです。2つ目は、従業員が 動画 の中からを検索して、タスクを達成するために必要な関連する2分間のセグメントを見つけることができないということです。

45分間のインストラクター主導のトレーニングセッションを録画したものを考えてみましょう。トレーナーは1分間に平均125語を話すので、セッション中には5,000語以上が話されると仮定します。そのうち、情報を探している従業員にとってユニークな価値を持つのは、控えめに見積もっても10%程度でしょう。

それが500ワードです。これを手作業でタグ付けするとなると、何時間もかかります。タグ付けしないと、ビデオの発見性が制限されてしまいます。どちらも好ましい結果ではありません。

たとえトレーナーがビデオに500個のタグを付けたとしても、そのタグは従業員が録画のスタート地点を見つけるのにしか役立ちません。ほとんどの場合、社員はトレーニングビデオを全部見ようとは思いません。むしろ、特定のトピックに関する洞察を含んだビデオの正確な瞬間を探しているのです。従来の動画検索では、タイムラインをランダムにクリックするか、時間をかけて全編を見るしか方法がありませんでした。

このような検索の非効率性は、従業員がビデオをジャストインタイムの学習リソースとして利用することを妨げるため、eラーニングの取り組みの価値を低下させます。

インサイド・ビデオ・サーチ。ビデオコンテンツを発見可能にする

幸いなことに、動画検索はここ数年で飛躍的に進歩しており、多くの動画CMSでこの進歩が標準化されています。 AIを搭載した動画検索エンジン 、従業員はあらゆる動画内で話されている、あるいは画面に表示されているあらゆる単語を見つけ出し、その正確な瞬間に瞬時に早送りすることができます。

これらの動画検索エンジンには、機械学習機能が搭載されています。具体的には、講師が話した言葉を認識する自動音声認識と、画面に表示された言葉を判別する光学式文字認識の2つの技術が、動画コンテンツを解析して検索インデックスを作成します。これらの技術は、膨大なデータセットと深層学習アルゴリズムによって学習され、個々の単語やフレーズを識別し、タイムスタンプを付与して検索インデックスに追加します。

その結果は?これらの検索エンジンは、音声や画面上のコンテンツを時系列のテキストに変換することで、動画コンテンツを文書や電子メールと同様に発見できるようにします。

社員がビデオライブラリを検索すると、最も関連性の高い録画を見つけるだけでなく、ビデオの中で講師が関連するトピックについて言及したり、スクリーンに表示されたりした正確な瞬間を見つけることができます。

従業員の生産性を測定可能なリターン

トレーニングビデオを検索可能にすることで、ビデオに含まれる貴重な情報をすべて引き出し、従業員が必要とする時に利用できるようになります。 これにより、従業員が仕事に必要な情報を探す時間が短縮され、 従業員の生産性が劇的に向上します。

Synaptics のような企業では、その成果は測定可能です。この企業では、社員がビデオ検索を利用することで、 週に15分を節約していると推定しています。 。このわずかな個人の利益は、企業全体では毎年数千時間の生産性向上につながります。

あなたの組織が e-learning ビデオの作成を続けている場合、コンテンツが発見可能でなければ価値がないことを忘れないでください。機械学習技術は、これらの記録の潜在的な価値を実現する新しい方法を提供します。この機会を活用する学習リーダーは、従業員の生産性を向上させ、ビジネスの成果を促進し、最終的に収益を改善することができます。