インフォグラフィックブレンデッド・ラーニングとフリップド・ラーニングの比較

テクノロジーを駆使した教室が新たに普及したことで、教育関係者は多くの疑問を抱いています。教師はこの新しいリソースをどのように利用すればよいのか?新しいテクノロジーの存在は、従来の学習環境をどのように変えるのでしょうか?また、これらのツールは本当に生徒の学習に役立つのでしょうか?

導入された ベストプラクティスとエビデンス は、これらの疑問の多くに答えており、テクノロジーを使って従来の教育スタイルを補ったり、補完したりすることで、実際に 学生の体験や成果を劇的に向上させることができることを立証しています

しかし、もう1つの質問には、ちょっとした答えが必要でした。

この新しいやり方を何と呼ぶか?

多くの教育関係者がこの疑問を抱いています。このブログで最も人気のある記事の1つは、呼称の概要を紹介したものです。ブレンデッド・ラーニング、ハイブリッド・ラーニング、反転授業...その違いは何か?

さらに問題なのは、テクノロジーを活用した教室の成果が勢いを増すにつれ、バズワードが急増していることです。今日、「反転教室」や「ブレンデッド・ラーニング」などの言葉がいたるところで使われていますが、それぞれが、テクノロジーを活用した学習が実際にどのように機能するかについて、独自の工夫を凝らしています。

幸いなことに、様々な用語が氾濫する中、多くの教育関係者がテクノロジーを活用した教育方法の関連用語を定義する作業を始めています。上記の記事に加えて、私たちが発見した別の新しいリソースでは、反転授業とブレンデッド・ラーニングという、学習経験にテクノロジーを導入する最も一般的な(そして最もよく混同される)2つの方法を見事に区別しています。

このインフォグラフィックは、 Innovative Learning Institute 、ブレンデッド・ラーニングが教室にもたらす価値について優れた分析を行っています。また、反転授業はすべてブレンデッド・ラーニング環境であるが、ブレンデッド・ラーニング環境はすべて反転授業とは限らない理由も説明しています。インフォグラフィックをクリックすると完全版が表示されますので、ぜひご覧ください。

ブレンデッド・ラーニング vs 反転学習 インフォグラフィック

学校での反転授業の試みに興味がある方へ

Panoptoの柔軟な 反転授業ソフトウェア は、どのようなラップトップでも動作し、教師は教室のコンテンツや現場のビデオ、さらには自宅でのマイクロレクチャーを録画し、それらの教材を生徒と簡単に共有して、いつでもどこでも、オンデマンドで検索したり、レビューしたりすることができます。Panoptoについての詳しい情報や、ソフトウェアの無料トライアルについては、 までお問い合わせください。