UCISA 2014を振り返って

フランシス・アンドリュース - Panopto EMEA

先週、私はブライトンで開催された UCISA 2014 カンファレンス( )に参加し、英国中の大学のIT専門家たちに、彼らが直面しているさまざまな問題や機会について話をしました。私が参加者と話をしていて繰り返し出てきたテーマは、レクチャーキャプチャーソリューションの拡張性、特にキャンパス全体でレクチャーキャプチャーを効果的に拡張するために必要なさまざまな側面や考慮事項についてでした。

講義の収録ソリューションをパイロットプロジェクトから大学全体へ展開する傾向は、英国内の我々のお客様で確実に見られています。エセックス大学のように、毎学期、何万時間分もの録画コンテンツをパノプトで作成しているところもあります。UCISAのポスターセッションで、エセックス大学の代表者は、彼らの情報システムサービスチームが、学生支援のために年間4,000講義をカセットテープに録音していたのが、全学生のために毎年70,000時間の講義と反転授業の録画を行う「デジタル生産ライン」を作ったことを説明しました。

それは、ソフトウェアベースのソリューションが大規模なキャンパス規模の展開に不可欠であるということです。サザンプトン大学のグラハム・ロビンソン氏は、このことについて、 2012年のゲストブログの記事で書いています

講義室に専用のキャプチャーハードウェアがないため、160の集中予約可能な講義スペースすべてに講義キャプチャーのスイッチを入れ、すべてのスタッフのPC(数千台)で利用できるようにしました。スタッフの訪問や複雑な権限設定もなく、ただ一晩中どこでもキャプチャーできるようになりました。

しかし、Panoptoのようなソフトウェアによって、大学が講義の録画インフラを簡単に拡張できるようになった一方で、ビデオの管理とアクセシビリティに関する新たな課題が浮上しています。具体的には、大学がより多くのビデオを撮影するようになると、学生が大学の膨大なビデオライブラリの中から特定のコンテンツを簡単に見つけることがますます困難になる可能性があります。

例えば、次の試験に向けて復習している学生が、3週間前の講義で取り上げられた特定のトピックを復習する必要があるとします。この場合、まず適切な講義を見つけ、次に60分の講義の中からそのトピックをカバーする特定のセグメントを見つけるという作業が必要になります。

その結果、パノプトの新技術である Smart Search について、参加者の皆様と議論することになりました。この技術は、記録されたすべての資料の内容を初めて真に解き明かし、学習者が即座にアクセスできるようにするものです。スマートサーチを使えば、学生は講師が話したどんな言葉も、スクリーンに映ったどんな言葉も見つけることができます。大学のビデオライブラリーに何十万時間もの講義が録画されていたとしても、学生は復習したい内容に数秒でナビゲートすることができるのです。

私にとってUCISA 2014は、大学が講義収録の拡張性について、収録インフラから収録した講義の管理やアクセスまで、多面的に検討する必要があることを再認識させてくれました。

パノプトのレクチャー・キャプチャーとビデオ・マネジメント・プラットフォームについて、より詳しくお聞きになりたい方は、フランシスにメール(fandrews@panopto.com)でご連絡ください。

公開しました。4月02, 2014日