あなたのチームの第一人者 - あなたのシステムで十数年の経験を持ち、図書館に匹敵する組織的知識を耳に蓄えているサブジェクト・マター・エキスパート - が頼みたいことがあるそうです。

"私を事実上のトレーナーのように使うのはやめて、実際に仕事をさせてください"

もちろん、彼らは喜んであなたを助けてくれます。しかし、年々、 新入社員のオンボーディング 、SMEの問い合わせ、「この仕組みについてちょっとした質問があります」という肩たたき- 、貴重な時間を奪われているのです。

その場で専門家を起用して知識を共有することは、組織にとって2つの問題を引き起こします。

  1. 拡張性はありません。社内の専門家には限られた時間しかありません。チームが成長し、多くの人が彼らに質問をするようになると、彼らは良きチームメイトであるか、生産性を上げるかの選択を迫られます。いずれにしても、チームの生産性は低下します。
  2. 永久的なものではありません。その専門家は毎晩ドアから出て行き、ある日突然戻ってくることはありません。オンボーディングに関する簡単な質問や繰り返し発生する問題の回避策の答えがどこかに記録されていなければ、専門家がすぐに答えてくれなくなった日には途方に暮れてしまうでしょう。

 

ソーシャル・ラーニングを簡単に実現する方法があります。

まず、ドキュメントです。 実際のドキュメントではありません。 - 誰も読まないドキュメントです。 - しかし、 社内の専門家が知識を共有している様子を録画したビデオです。 。スクリーンシェア、録画したプレゼンテーション、スマートフォンやノートパソコンのウェブカメラで撮影したオンロケーションビデオ - 彼らの洞察を記録できれば何でもいいのです。

その後、共有します。 そのビデオを共同のライブラリに追加して、チームメンバー全員が見つけて、質問が出てきたときにすぐに確認できるようにします。ベストプラクティスとして、 ビデオライブラリ を使用すると、従業員はビデオ内を検索することができます。 これにより、詳細な情報を数秒で簡単に見つけることができます。

その結果、あなた自身のリファレンスデスクとなり、検索可能な ソーシャル・ラーニング・ライブラリ が24時間365日、いつでも手元に置かれ、チームがよくある質問 の答えを、チームのグルのところに行って質問するよりも、もっと早く 見つけられるようになります。

関連記事: ソーシャルラーニングの支援に動画が思った以上に重要な理由

 

ニューヨーク証券取引所はまさにそれを実行したのです(詳しくはビデオのケーススタディをご覧ください。)。また、パノプトではこのようにしてアイデアやベスト・プラクティスを共有しています。

 

 

ビデオを使ったソーシャル・ラーニング・プログラムを構築する方法

ビデオを使ってソーシャル・ラーニングを拡大する方法動画を使ったソーシャル・ラーニングは、組織内の知識を保存し、拡大するための簡単な方法です。最新のホワイトペーパーでは、ビデオを使ったソーシャル・ラーニングに関心のある学習開発チーム、トレーニング、人事担当者、その他のピープルマネージャーのためのガイドを作成しました。

この記事では、ソーシャル・ラーニングを始めるための6つのアイデア、ソーシャル・ラーニングを受け入れる企業文化を構築するための3つの方法、エンタープライズ・ビデオ・プラットフォームが役立つ5つの方法を紹介しています。下記のリンクから無料でダウンロードできます。

ダウンロード 動画でわかるソーシャル・ラーニング・プログラムの作り方

 

また、これから始めようと思っている方も、Panoptoなら新しいハードウェアや特別なトレーニングを必要とせずに、ビデオを録画、保存、検索、共有するためのビデオプラットフォームを簡単に構築することができます。 無料トライアルのお申し込みはこちらへ.