The 70:20:10 Model」「The Forgetting Curve」「The Future of Customised Training」@World of Learning 2014

先週、パノプトはイギリスのバーミンガムで開催された World of Learning Conference に参加しました。今年で22年目となるこのイベントは、学習と開発のあらゆる側面をカバーしており、トレーニング提供を強化するためのテクノロジーの使用に重点を置いています。

WorldOfLearning-ロゴ

2日間にわたり、何千人ものL&Dの専門家が集まり、ベストプラクティスを共有し、最新のトレンドを議論しました。議論されたテーマには、以下のようなものがあります。
  • 70:20:10モデル(以下で説明します)と、企業が方程式の70:20部分にまだほとんど投資していない理由を説明します。
  • 忘却曲線」とは、時間の経過とともに記憶の保持力が低下することを理論化したもので、組織はこの現象がイベントベースの公式学習に与える影響を考慮する必要があります。
  • 既製のe-Learningコンテンツではなく、組織のニーズや戦略的要請に特化した、機敏でカスタマイズされた学習が必要である。

また、L&Dイニシアチブの影響を評価することにも重点が置かれました。これは、財務ROIだけでなく、トレーニングプログラム全体の長期的な影響も評価します。会話の多くは、「いつでも、どこでも」学習文化のコンテキスト内で行われました。スタッフは、ボタンをクリックするだけでリソースを利用でき、使用しているデバイスに関係なくアクセスできることを望んでいます。

パノプトのプログラムへの貢献は、トレーニング、ソーシャル・ラーニング、コミュニケーションを強化するためにビデオを使用できる5つの魅力的な方法を探るセッションでしたが、プレゼンテーションの過程でイベントの主要なテーマの多くに触れました。

例えば、70:20:10モデルのすべての要素をサポートするには、ビデオが最適であることを説明しました。

  • オンザジョブ学習(「70」を表す)は、つかの間の経験である必要はありませんが、私たちのようなシステムで簡単にキャプチャできるため、スタッフは後日録音を参照することができます。
  • ソーシャルラーニング(「20」を表す)は、主題の専門家がその場で重要な情報を記録し、同僚と共有することで、ビデオによって強化できる重要な分野の1つです。
  • 最後に、 正式なトレーニングプログラム(最後の「10」を表す)にビデオを組み込む組織が増えています。 。これには、学習者のエンゲージメントを高め、より没入感のあるトレーニング体験を提供するなどの理由があります。また、多くの企業は、トレーニングプログラムの保存期間を延長し、学習者がいつでもコースの内容を見直すことができるようにしたいと考えています。

これは、学習者は教えられたことのごく一部しか覚えていないという単純な事実を強調した考え方です。

忘却曲線の概念は1880年代から続いているが、より最近の研究では、訓練が行われた後、情報の保持が急速に低下することが示されている。WR Hambrecht + Coは、スタッフが学習セッションを終えて30分後に、カバーされた資料のわずか58%を覚えていると示唆しています。1週間後、これは35%に低下します。スタッフとその会社がトレーニング体験を最大限に活用するには、学習コンテンツにすぐにアクセスして改訂する必要性が重要です。ここでも、ビデオは、学習者が完全に覚えていない教材に再参加できるようにする上で重要な役割を果たします。

また、ビジネスのニーズに応じて、ビデオを介してさまざまな種類の学習コンテンツを作成できるというアイデアも取り上げました。 Panoptoのようなビデオプレゼンテーションソフトウェアを使用すると、多くの代表者が議論していたアジャイルでカスタマイズされた学習コンテンツを作成するのがはるかに簡単になります。どこにいても、手元にある記録デバイスを使用して、記録したい学習コンテンツをキャプチャできるため、正式な開発を待つ必要がなく、その場で学習資料を生成し、必要に応じて対応できます。トレーニングコンテンツ。

もちろん、動画は学習・開発担当者のツールキットの一部に過ぎません。しかし、Gartner社などのアナリストは、2016年までに大企業では従業員1人あたり月に16時間以上の動画を配信するようになると予測しており、動画はかなり重要な要素になりつつあります。

ビデオが貴社の学習・開発にどのように役立つかを知りたい方は、当社のチームにご連絡ください。 30日間の無料トライアル、または デモのリクエスト.

公開された10月07, 2014日