組織で働くすべての従業員が学ぶことの90%は、公式なトレーニングコースでは教えられていません。専門家からの非公式なアドバイス、同僚の効率的なテクニックの偶然の観察、そして体系的な試行錯誤から得られるものです。

多くの場合、「ソーシャル・ラーニング」によって得られた知識は、組織にとって最も重要なものです。それは、仕事のプロセスの詳細な理解や、特定のツールを最も効率的に使用するためのヒントなどです。

でどれだけ節約できるか?
ビデオで知識を共有する?
節約コストを計算

 

しかし、ソーシャル・ラーニング・コンテンツは、役割ごとに細かく分類されているため、これまで正式な学習・開発(L&D)チームが制作するのは現実的ではありませんでした。近年、企業のソーシャルネットワークはこのギャップを埋めようとしていますが、これらのアプリの採用とパフォーマンスは期待を下回ることがよくあります。その理由は、従来の企業向けソーシャルアプリは、テキストベースの情報共有には優れているものの、従業員がお互いに学び合うために実際に観察することができないからです。

これに対して、動画による知識共有プラットフォーム では、従業員が知っていることを何でも記録し、同僚と共有して観察、模倣、改善することができます。人間の行動を記録し、再生することができるビデオは、ソーシャル・ラーニングの理想的なソリューションであり、近年のビデオ技術の進歩と企業向けビデオ・プラットフォームの登場により、全社的なソーシャル・ラーニングが実現可能な目標となっています。

今日、 エンタープライズビデオプラットフォーム は、企業がかつてない方法で組織的な知識を共有することを可能にしています。 新入社員のオンボーディング のスピードアップ、セールスイネーブルメントの促進、退職する従業員の知識の保存、そしてイノベーションのペースの向上などです。
ICON - CTA - ビデオを使ったソーシャル・ラーニング・プログラムの作り方

このチャンスをお見逃しなく

最新のホワイトペーパー、 How to Build a Social Learning Program with Video では、組織がソーシャル・ラーニングを導入する方法、導入するための6つのアイデア、そしてエンタープライズ・ビデオ・プラットフォームがソーシャル・ラーニング・プログラムにどのような技術的基盤を提供できるかについて理解を深めることができます。

今すぐコピーをダウンロードください