Twitter社が運営するライブストリーミングビデオサービス「Periscope」は、昨日、 好調な新規成長率を発表し、ウェブを驚かせました。サービス開始からわずか4ヶ月で、Periscopeの総アカウント数は1,000万を突破しました。毎日約200万人のアクティブユーザーを抱えるPeriscopeは、現在、40年分のビデオを24時間ごとにライブストリーミングしています。

Periscopeの成長
 

Periscopeの大成功は、人々のライブビデオに対する潜在的な需要を浮き彫りにしています。昨年の時点では、個人が体験をリアルタイムで共有する手段はありませんでしたが、今年はすでに、最も話題になっている2つの新技術がそのギャップを埋めています。

  • 2月には、 Meerkat 初の画期的なライブストリーミングサービスとなり、「SXSW 2015」の寵児となりました。
  • その1カ月後、Twitter社は、 Periscope を導入し、ライブストリーミングビデオの共有をさらに容易にしました。
  • YouTube は、認証されたアカウントを対象にライブストリーミングを導入しており、近々、より多くのユーザーに機能を拡大しようとしているに違いありません。

潜在的な視聴者に魅せられた企業は、顧客を獲得するためのもう一つの手段として、すでに ライブストリーミングツール を活用し始めています。Adidas、Red Bull、GE、US National Parksなどのブランドが、 Periscopeやその他の場所で、 のライブストリーミングに取り組んでいます。

 

今、共有されているのはほとんどがマーケティングです。しかし、すぐにそうではなくなります。

 

ライブ・ストリーミングを単なる技術的な目新しさとして片付けるのは簡単ですが、ある重要な違いがあります。それは、ライブ・ストリーミング自体が特に新しいものではないということです。

会議、シンポジウム、製品発表会、広報活動、トレーニング、タウンホールなど、組織が共有する手段として、ビデオは長い間重要な役割を果たしてきました。そして、ほとんどの組織は、このような機会にライブストリーミングビデオを試してきました。これまでは、すべてがスムーズに進むことを期待して、専任のAVスペシャリストチームを編成し、大量のハイエンド録画機器を投資してきました。しかし、このような傾向があるため、ほとんどの組織では、ライブ・ストリーミング・ビデオは高価なものとなり、最も重要なコンテンツを共有するための戦略にとどまっています。

マーケティングチームが最新の製品発表会をPeriscopeで配信したのを見て、学習・開発チームは次の会社の会議でもそのモデルを採用したいと考えるでしょう。コーポレート・コミュニケーション・チームが四半期ごとのアナリスト・コールをYouTubeで配信しているのを見て、社内のコミュニケーション担当者は、次のCEOの秘密のタウンホールでも同じことをしたいと思うでしょう、それも社員のためだけに。

一つのイベント放送が成功すると、次のイベント放送が始まる。やがて、ライブストリーミングビデオを共有したいというリクエストが組織のあちこちで出てくるようになる。

 

そして残念ながら、企業のライブストリーミングはそこがネックになっています。

 

人々がテキストよりもビデオを好むことは、すでによく知られています。Forrester Research社の調査によると、人々は記事を読むよりもビデオを見る方が75%も多いそうです。だからこそ、ますます多くの組織がますます多くの用途にビデオを利用するようになり、重大で恥ずかしい失敗が後を絶たないのも当然のことなのです。
Apple Live Stream Video Error 2014

  • Apple は、これまでに2回、製品発表会のライブストリーミングがうまくいかず、失敗に終わっています。特に、Apple Watchの発表の際には障害が発生しました。
  • IBM のライブストリーミングは、あまり公にはされていませんが、間違いなくはるかに重要な場所で失敗しました。それは、CEOのVirginia Romettyが会社の再構築計画について秘密裏に行った全員参加のプレゼンテーションの最中でした。
  • Amazon は、初めて開催されたAmazon Web Services Summitで、ライブストリームが失敗し、参加者に延々とバッファリング画面が表示されたことで、自らの立場を不利にしてしまいました。

 

迫り来る危機。ほとんどのライブストリーミングはビジネス用に作られていない。

 

現在、企業がライブストリーミングで直面している問題は、3つの重要な要素がうまくかみ合っていないことです。

  • ライブ・ストリーミング・ビデオの需要(作成)は高いですが
  • 著名なライブ・ストリーミング・ソリューションは、ビジネス用途には適していません。
  • 既存のビジネスビデオソリューションの多くは、ライブストリーミングには適していません。

簡単に言えば、Periscope、YouTube、Meerkatはビジネス向けではないということです。これらは公共のプラットフォームであり、マーケティングには適していますが、潜在的に重要なデータやその他の機密コンテンツを共有するには到底適していません。

さらに、これらのサービスは、企業が必要とする使用量の急増に対応するエンタープライズグレードのSLAを提供していません。視聴者は、これらのサービスを利用して大量のビデオを消費しているかもしれませんが、大半のビデオストリームの視聴者数は一握りに過ぎません。最も人気のあるストリームでも、同時視聴者数が数百人を超えることはほとんどなく、これらのサービスはそのようなユーザーレベルを十分にサポートしています。しかし、ビジネスでの利用はそのようなパターンではありません。大企業であれば、中規模のイベントであっても、数千人規模のストリーミング配信を行う必要があるかもしれません。IBMのウェブキャストの失敗は、 400,000人の同時視聴者の前で起こりました 。そのような規模になると、ストリーミングのニーズも大きく変わってきます。

最悪なのは、特にMeerkatとPeriscopeは、録画したコンテンツを後から見られるように保存しないことです。Periscopeでは、ストリームが終了してから24時間後に動画が削除されます。Meerkatでは、動画の保存すら行われず、見逃してしまった場合は消えてしまいます。昨晩のコンサートで友人が撮影したビデオはそれでいいかもしれませんが、多くの企業が最新の全員参加型のタウンホールでやりたいと思っていることとは全く違います。

テストパターン - Panopto Live Streaming Video Platform

 

では、ビジネスはどうすればいいのか?

 

このような技術的な欠点を考慮して、ほとんどの企業は消費者向けのライブストリーミングサービスをイベントの企画に取り入れていません。 しかし、その代替手段もあまり良いものではありませんでした。

    • その多くは、旧式のビデオストリーミングプロトコルと専用サーバーで構築された、時代遅れの自家製ビデオストリーミング技術に依存しており、ほとんどの場合、374人目の参加者がログオンした時点でクラッシュしてしまいます。
    • また、知らず知らずのうちに、様々なサードパーティのビデオプラットフォームを利用している人もいます。これらのプラットフォームは、いずれもストリーミングを提供すると言っていますが、その方法は、ネイティブではない同じストリーミングサービスを ホワイトラベルで しているだけです。

 

ライブ配信の失敗はまた起こる。また、また。何度でも。

 

しかし、だからといって解決策がないわけではありません。

 

 

Panoptoは、どんな組織でもウェブ上でビデオをライブストリーミングすることを簡単にします。既存のネットワークインフラと帯域幅を保護する Modern Streaming プロトコルを使用して、何千人、何十万人もの視聴者にビデオを安全に提供します。そして、その瞬間が過ぎ去った後でも、それらの録画をキャプチャ、共有、さらにはキーワード検索をオンデマンドで行うことができます。

Panoptoを使えば、製品発表会、記者会見、プレゼンテーション、会議などの様子を、社員、パートナー、顧客、一般市民に向けて簡単に放送することができます。他社が独自のシステムで試行錯誤しているかもしれませんが、イベント用のプロフェッショナルで信頼性の高いライブストリーミングは、私たちの最新のビデオプラットフォームの標準的な一部としてすでに利用可能です。

ライブ・ウェブキャスティングについてもっと知りたい、あるいはあなたの組織でPanoptoを試してみたいと思いませんか?弊社ソフトウェアの無料トライアル をご希望の方は、弊社チームまでご連絡ください。

公開:8月 13, 2015