もうすぐ新年を迎え、企業は来年度の予算やプロセスの変更を検討し始めています。多くの人事部門にとって、これは、予算を最大限に活用する方法を具体的に検討することを意味し、最近の調査では、来年も横ばいと予測されているリソースから最大限の生産性を引き出すことになります。

このようなリソースの制約を考慮して、革新的な人事部や企業のL&D組織は、費用対効果が高く、かつ拡張性のある方法で最大限の効果が得られるように、 の従業員トレーニングの取り組みをビデオ で補強し始めています。

ビデオによる社員教育コストの削減

マイクロソフトの統計 - Panopto eラーニングビデオプラットフォーム

旅費、宿泊費、会場費、食費、人材育成費など、ライブのトレーニングイベントを開催するためのコストは、企業の学習・開発予算のかなりの部分を占めることになります。ビデオ学習に切り替えることで、これらのコストを最小限に抑え、他の機能的な活動のために多くの資金を回収することができます。

例えば、 教室でのトレーニング費用の最大40%が旅費と宿泊費に費やされていることに気づいたIBMは、トレーニングプログラムの半分をeLearning形式に切り替えました。その結果、 最初の2年間で、 5億7,900万ドルを節約することができました。

マイクロソフトも同様の成果を上げています。クラスでのトレーニングや小規模なイベントの代わりにビデオポータルを使用することで、参加者一人当たりのコストを1時間当たり320ドルからわずか17ドルに削減することに成功しました

ビデオは、会社全体で従業員のつながりを維持します。

グローバルに分散したチームや遠隔地で働く従業員の増加に伴い、今日の企業は、離れた場所にいる同僚の間で コラボレーションを可能にするという点において、様々な課題に直面しています

ビデオ会議 はリアルタイムのコミュニケーションをサポートし、オンデマンドの ソーシャル・ラーニング・ビデオ は、時差やスケジュールの都合で共同作業ができない場合でも、アイデアやプロセス、その他の複雑なコミュニケーションを迅速に共有するのに役立ちます。

教材の一貫性を保つためのビデオ撮影

地理的に分散している多くの大企業では、オンボーディング資料を拠点間で一貫性のあるものにすることが課題となっています。特に、複数のトレーナーや部門がオンボーディングプロセスに関与している場合はなおさらです。

ビデオは、企業が新入社員全員に一貫したメッセージを伝えるのに役立ちます。 トレーニングビデオ を重要なオンボーディング期間に使用することで、誰がトレーニングを行っても、企業のメッセージが意図した通りに伝えられることを確信できます。

ビデオによる社員教育のサポート方法をもっと知りたい

初心者のための社員研修用ビデオ活用術新入社員研修を動画で改善したいとお考えなら、パノプトがお手伝いします。最新のガイドでは、L&Dの実践者が、ビデオを使ってより多くのことを行うためのビジネスケースを作る手助けをしています。

  • L&Dにより多くの方法で動画を使用するように意思決定者を説得するのに役立つ5つの利点
  • 動画を使用した公式および非公式の学習をサポートおよびスケーリングするための14のアイデア
  • L&D のためのビデオの使用を簡素化する1つの技術、ビデオプラットフォーム。

社員教育にビデオを使うためのビギナーズガイド」のダウンロード>