ビデオ、ソーシャル・ラーニング、そして社員教育の未来

Chartered Institute of Personnel and Development(CIPD)が最近発表した研究報告書 では、「不安定で、不確実で、複雑で、曖昧な」職場環境の中で、L&D の専門家が直面している課題を探っています。報告書では、急速な変化が現代の職場の主な特徴の一つであるとした上で、組織がそれに追いつくために、人事担当者が加速する外部の開発にどのように対応すべきかを説明しています。

CIPDによると、変化のペースはますます速くなると考えられており、 、企業の従業員が新しいアイデアや知識、仕事のやり方に適応し、素早く吸収する能力は、企業にとって競争上の優位性の鍵となります。

このことは、L&Dチームの社員教育戦略にとって何を意味するのでしょうか?それは、「新しい」慣習やアプローチがかつてないほどの速さで時代遅れになっていく中で、成功する組織は、スタッフが仕事へのアプローチを変え、知識を迅速にアップグレードできるように装備するということである。フォーマルなトレーニングも必要だが、アジャイルで適応力のあるスタッフの育成をサポートする方法として、ソーシャルラーニングがますます重要になってくるだろう。

社員教育の一環として、ソーシャル・ラーニングを支援する

ソーシャルラーニング は、もちろん新しいものではありません。従業員は常に、自分の役割の様々な側面を「仕事の中で」どのように行うかを考え、同僚の頭脳を借りて、自分の仕事をより良くするためのヒントを得てきました。以前このブログで取り上げたように、 ソーシャル・ラーニングは、従来のトレーニング方法 に比べて多くの利点があり、特に「ジャスト・イン・タイム」の学習を促進する能力に優れています。

ソーシャルラーニングビデオのサンプル - Panopto Video PlatformCIPDのコメントによると、企業はスタッフのトレーニングや開発に高い適応性を持つ必要があり、ソーシャル・ナレッジ・シェアリングがそのために重要な役割を果たすことは明らかであるという。ブランドン・ホール社の2014年の調査によると、73%の企業がこの分野への注力を強化することを期待しているという。

ソーシャル・ラーニングは決して新しい概念ではありませんが、様々なテクノロジーにより、L&D の専門家は、このような非公式な学習アプローチをさらに一歩進めることができるようになりました。例えば、 ビデオ録画ソフト を使えば、いつでもどこでも同僚とソーシャルナレッジを共有することができます。これまでは、直属のチームのスタッフからプロセスを学ぶことが多かったかもしれません。しかし、Panoptoのような動画プラットフォームを使用して、現場からの新しい洞察やプロセスに関する指示を録画、共有、保存することで、ロンドンのスタッフが香港の同僚の知識にアクセスすることが容易になります。同様に、営業担当者が外出先で新しい市場開拓の情報を得た場合、モバイルデバイスやラップトップを使って記録し、すぐにチームに配信することができます。これにより、距離に関係なくソーシャルラーニングを行うことができます。もちろん、このようなソーシャルラーニングの塊を検索可能なビデオライブラリに保存する必要性を認識している組織はますます増えており、新入社員は既存のスタッフや過去のスタッフの知識をオンデマンドで利用することができる。

つまり、ビデオ技術に支えられた社会的学習は、L&D の専門家が「不安定で、不確実で、複雑で、曖昧な」環境の中でより効果的に交渉し、組織の将来性を高めるのに役立つのです。

今日、あなたの組織で試してみてください。

Panoptoの 社員教育ソフトウェア は、組織内の誰もが、お気に入りのヒントやテクニック、ベスト・プラクティスを、既に持っているビデオ録画デバイスを使って、オンデマンドで仲間と共有することを容易にします。ビデオとPanoptoがどのように組織の知識を保存し、管理するのに役立つかを確認するために、 今すぐ無料トライアルのために私たちのチームに連絡してください。

公開日:1月16, 2015