Twitterの新しい動画機能がもたらす社員研修プログラムへの影響

先週の水曜日、Twitter社は世界中が期待していたことを発表しました。 ツイートに直接動画を含めることができるようになりました。

もちろん、Twitterは、動画を採用した最初のソーシャル・コミュニケーション・ツールではありません。Instagramは数年前に動画撮影を導入しました。Facebookは、今後5年以内に投稿の大半が動画になると予想しています。Twitterでさえ、動画共有ネットワークのVineを購入して、動画に手を出したことがあります。

その中でも最も重要なのが、かつては小さな存在であった「YouTube」です。今やウェブビデオの巨人となったこのサイトは、わずか10年前には録画ファイルをアップロードするためのニッチなサイトとして誕生したことを忘れてしまいがちです。今では、インターネットユーザーの半数以上が毎月このサイトを訪れ、1日に100時間以上もの動画がアップロードされています。また、情報源としてのYouTubeの検索エンジンは、親会社であるGoogleに次ぐ年間検索数を誇り、YahooやBingよりもYouTubeで情報を探す人が多いと言われています。

Twitter動画機能

ツイートに動画を追加する|Twitterより

今回の発表により、Twitter社は、人々がコミュニケーションやアイデアを共有する方法の重要な一部として動画を採用している、ほぼ世界共通のソーシャルツールの仲間入りを果たしたことになります。

特にTwitterがこのような動きを見せていることには意味があります。Twitterは、140文字という短いテキストフォーマットで有名になったプラットフォームです。Twitterは、情報のエッセンスを抽出したいと考えていましたが、動画はまさにそのためのかけがえのないメディアであると認識されたのです。

 

しかし、それが社員教育とどう関係しているのか?

Twitter社は、情報伝達手段としての動画の可能性を認識しており、特に友人や仲間の間でアイデアを共有するという社会的な文脈の中で動画を活用することで、一般的なテクノロジーや特に動画が企業のソーシャルラーニングに適用された場合に組織が活用できる価値を強化することができます。

学習・開発の専門家は、現場での学習の重要な要素として、インフォーマルな知識共有の重要性を長い間理解してきました。 70:20:10モデル では、同僚間のちょっとしたやりとりが、組織の学習環境の大部分を占めるとしていますが、これまでは、そこで共有される組織的な専門知識を把握することは困難でした。Tech Company ソーシャル・ラーニングのケーススタディ

FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークがテキストのみのフォーマットで始まったように、多くの企業はまず、テキストベースのナレッジマネジメントツールで社内ネットワークの知識を活用しようとしました。しかし、ソーシャルネットワーキングの大手企業が発見したように、テキストだけでの情報共有は、専門家にとっては手間がかかりすぎるし、他のチームメンバーにとっては複雑で不透明なため、探し出して利用することができませんでした。

人間は本来、視覚的な生き物です。印刷機が登場してから500年経った今でも、コミュニケーションの90%は非言語で行われています。ビデオは、その生来の好みを利用して、テキストを変換し、アイデアをより魅力的に、より簡単にフォローして理解できるようにします。 ビデオは、情報を共有する際の複雑さを大幅に軽減し、人々が 語るのではなく 示すことを可能にします。

 

ビデオで企業のソーシャルラーニングを簡単に、そして身近に

今日、多くの人は忙しすぎてハンドブックを最後まで読むことができません。また、手順ごとに写真で説明されていても、取扱説明書を読む忍耐力のある人はどんどん少なくなっています。今日、人々が求めている教え方は、YouTubeがビジネスの基盤とし、Twitterがサポートを追加したコンセプトであり、シンプルでわかりやすいビデオで、手順を追って確認したり、わからないところは巻き戻して繰り返したりすることが容易にできます。

ソーシャルラーニングビデオの例 - Panopto Video Platformさらに嬉しいことに、YouTubeやInstagram、そして今やTwitterが日々証明しているように、これまでの非公式な知識共有の形態とは異なり、 動画は人々が実際に使用するツールです。 これまで洞察やプロセスを文書化する時間がなかったサブジェクト・マター・エキスパートは、動画による共有の柔軟性と効率性を得て、心を開く傾向にあります。同様に、テキストでの説明を読むのが苦手な人たちも、ビデオでの説明を聞けば、積極的に参加するようになります。

学習する組織にとって、 ビデオソーシャルラーニングソフトウェア は、非公式のトレーニングを飛躍的に拡大する秘訣となり、組織の知識を保存し、ヒントやベストプラクティスを簡単に共有し、組織内の他の人々が今後何年にもわたって貴重な参考資料として頼ることができるリソースライブラリを構築するのに役立ちます。

 

ビデオが組織のソーシャルラーニングを促進する方法を見る

パノプトのビデオプラットフォームは、企業のソーシャルラーニングをシンプルにサポートします。どんなノートパソコンでも動作し、どんな録画機器でも認識し、ビデオ制作に必要なすべてのバックエンドを自動的に管理するシンプルなソフトウェアにより、Panoptoはチームが「録画」をクリックし、アイデアを共有することを可能にしています - いつでも、どこでも、自分に合った方法で。

Panoptoは、業界をリードするSmart Search ビデオコンテンツ検索技術 を用いて、ソーシャルラーニングコンテンツのライブラリを簡単に検索することができます。スマートサーチは、Panoptoで録画されているかどうかに関わらず、ライブラリ内のすべてのビデオで話されている、または画面に表示されているすべての単語を自動的にインデックス化し、関連する瞬間にすぐに早送りすることができます。

あなたのチームがフィールドチームからの現場でのヒントを記録していても、R&Dオフィスでの複雑なデモンストレーションを記録していても、あるいはオフィスのシステムや機器を最大限に活用するためのシンプルなハウツーを記録していても、Panoptoは何でも簡単に記録し、すべてを見つけることができます。世界中の企業がソーシャル・ラーニングのためにPanoptoをどのように使用しているか、また、お客様の組織でPanoptoを無料でお試しになりたい場合は、 弊社チームまでご連絡ください

公開日:1月29, 2015

おすすめ記事