さまざまな内部・外部情報を共有するために、多くの企業が動画を活用しています。たとえば、従業員研修ライブ配信によるバーチャルイベント、製品のデモ、経営幹部と従業員のコミュニケーション、および財務報告を提供する際に、よく利用される媒体になりつつあります。

しかし、ビジネスをサポートするビデオの制作を利用する企業が増えるにつれ、多くの企業は、オンデマンドで簡単に視聴できるようにこれらのビデオを安全に共有するための優れたシステムをまだ持っていません。

YouTubeとVimeoは、多くの場合、専門家がビデオコンテンツの共有を求める最初のビデオプラットフォームです。そして、YouTubeやVimeoが合理的な出発点となる理由は確かにいくつかあります。

  1. 無料で使用できること
  2. 従業員はYouTubeやVimeoに慣れている
  3. 独自の IT ネットワークでの動画のホスティングやストリーミング体制を整える心配が必要ない
  4. 社外の方にも、動画を見てもらう際に最適

ただし、無料のビデオプラットフォームは、ほとんどの従業員が共有している仕事関連のビデオコンテンツの大部分にとって理想的とは言えません。結局のところ、個人のクレジットカード情報を保持するビデオをYouTubeが保持することを信頼することはできません。同様に、公開したくない機密情報や専有情報が含まれている可能性のあるものを公開ビデオ共有サイトにアップロードすることは賢明ではありません。一般の方へ。

たとえば、 従業員研修動画は 、非公開であっても、YouTube でホストおよび共有すべきではありません。

「プライベート」が十分に安全ではないとき

YouTube で「社内会議」をすばやく検索すると、883,000 件の結果が表示されます。それらの95%が見られても大丈夫なものであると仮定しても、それでも44,000本の動画は検索されて誰かに見られてしまうことを意図せず検索結果に表示されてしまっている可能性があります。機密ではない情報を共有したと思っていても、営業停止に繋がる影響を与えるような動画である可能性は必ずあります。

関連記事: Zoom会議の録画を安全に共有する方法

 

YouTube と Vimeo にはプライバシー設定があり、社外の人が社内の動画にアクセスするリスクを最小限に抑えることができます。しかし、多くの企業にとって、YouTube や Vimeo で社内向け動画を非公開でホスティングすることは、十分安全ではありません。 悪意のある人に、機密情報が洩れる漏洩リスクを事前に消しておくことが賢明と言えます。

「発見不可能なもの」はすべて発見可能です。

たとえば、毎日のスクラム会議の録画をVimeo にアップロードし、それらを非公開設定にする (そのため、検索では公開されません) とします。この設定では、組織内のユーザーに動画リンクを共有できます。しかし、そのリンクが社外の人と誤って共有された場合、その機密コンテンツには簡単にアクセスできてしまいます。「発見できない」動画は、何度でも単純な監視によって誤って共有されます。新しい閲覧者が途中で追加されたり、ソーシャルネットワークの投稿に誤って貼り付けられたり、長いメールマガジンに含まれてしまったりする可能性があります。

パスワード保護と閲覧者の許可でも、問題が生じる

あるいは、YouTube のプライバシー設定に自分のメールアドレスを追加して、動画を特定のユーザーにのみ表示させることもできます(または、YouTubeの動画はパスワードで保護できないので、Vimeo でパスワードで保護されたアクセスを設定します)。しかし、そうすることで、動画コンテンツを他のユーザーと共有することが困難になります。あなたの会社にいる従業員の数は、数人ではありません。また、前述した問題と似たような問題を引き起こします。YouTubeやVimeoでプライベートな会社の動画にアクセスしたい人は、閲覧許可を与える必要があり、それらの権限が誤って共有される可能性もあります。この戦略はうまく実行されると、単に「検出できない」リンクを提供するよりも安全ですが、それでも大規模なチームや企業では安易に利用することはできません。

利用規約は助けてくれない

現在、またはビジネス動画のホスティングにYouTubeまたはVimeoを使用することを検討している企業にとって、プライバシーに関するもう1つの懸念は、サイトの利用規約です。

これらの無料動画共有サイトはどちらも、動画をアップロードする際にロイヤリティフリーのライセンスとコピーする権利を付与する必要があります。つまり、法的には、これらのサイト上のストアの動画コンテンツを完全に制御することはできません。通常、非公開とマークされた動画は非公開になりますが、サービス利用規約により、業界によっては、法的に脆弱なビジネスや規制に準拠していない可能性があります。

こちらから YouTubeの利用規約を読むことができます。さらに、 Vimeo利用規約はこちらから読めます。.

YouTube または Vimeo で企業動画を共有しないその他の理由

プライバシーの懸念はさておき、無料のオンラインビデオ共有プラットフォームがビジネスビデオに最適なソリューションではない可能性がある理由は他にもあります。公開ビデオと内部ビデオの両方です。

  • YouTubeは広告だらけです。YouTube で動画を視聴している場合も、サイトの 1 つに埋め込まれたプレーヤーも、YouTube を通じてプレロール広告やその他のプロモーション動画コンテンツが表示される可能性が高いので、動画研修、エグゼクティブコミュニケーション、その他の企業動画から注意がそらされてしまう可能性があります。
  • どちらもブランドに合わせたカスタマイズがあまりできません。 YouTubeとVimeoはどちらも、動画チャンネルとプレーヤーをブランド化およびカスタマイズしたくても、あまり変更できることがありません。ユーザーは会社のサイトを離脱したかのように感じ、視聴者の体験に影響を与える可能性があります。
  • 動画の分析機能が十分とは言えません。 YouTube には動画分析機能がありますが、匿名ではないユーザーレベルのデータが欠けて、エンゲージメントに関する十分なデータも提供されません。
  • 顧客サポートがありません。 Vimeo は有料プランではサポートを提供しており、動画の専門知識が十分ではないチームにとって役立ちます。しかし、YouTubeでは誰かから質問に対して回答があるだけでも幸運でしょう。

だから、YouTubeとVimeoが企業にとって最高の動画共有プラットフォームではないとしたら、何ですか?

ビジネス向けのYouTubeやVimeoに代わる優れたビデオ共有方法があります

企業用動画プラットフォーム("Corporate YouTubes "とも呼ばれる)は、YouTube や Vimeo などの一般ユーザー向けプラットフォームに代わる、セキュリティを重視した企業向けプラットフォームを提供し、動画によるコミュニケーションを向上するために動画を活用したい組織をサポートするように設計されています。

企業用動画プラットフォームとは?

企業用動画プラットフォームにより、プロフェッショナルは社内外の動画を録画、管理、配信、および共有できます。企業用動画プラットフォームには、動画の作成、編集、字幕設定などの機能もあります。 動画を活用したプレゼンテーション動画を使ったメッセージを作成することが可能です。また動画CMSを利用し、 動画コンテンツ管理システム ユーザーが見たい時に簡単に動画を見つけて再生できるようになります。動画プラットフォームは、クラウドで保存され、安全にホスティングできます。

 

 

エンタープライズビデオプラットフォームが職場で動画を共有するのに適しているのはなぜですか?

企業用動画プラットフォームが、社内のオンデマンド動画をホストおよび共有しようとしている企業にとって、多くの場合、最も良いソリューションである理由はいくつかあります。もちろん、すべての動画プラットフォームが同じ機能を備えているわけではありません。 Panopto は、業界をリードする動画プラットフォームの 1 つです。従業員がYouTubeやVimeoと同じくらい使いやすいプライベート動画ホスティングと共有ソリューションを提供するように設計されています。Panoptoの動画プラットフォームは、特に、企業動画のホスティングと共有に最適なソリューションの1つである理由は次のとおりです。

万全なセキュリティ。 動画プラットフォームを使用すると、動画コンテンツを管理できます。動画の公開設定を個別、またはフォルダレベルで行うことで、管理が容易になります。Panopto の非公開動画では、視聴者にログインさせることで動画を安全に保ち、閲覧権限の管理が容易になります。

既存のシステムと統合できます。  Panopto の動画プラットフォームは さまざまなツールやアプリと統合できます。 Google Apps・OAuth・Active Directory などのシングルサインオン (SSO) ID 管理ソリューションを使用できるため、従業員はログインして仕事で既に使用しているのと同じログイン情報で動画を視聴できます。Panopto は、 LMS Zoom Webex ミーティング Slack 、その他の UC ソリューションなど、現在使用している教育用ツールやコミュニケーションツールとの連携も可能です。

動画を検索しやすくします。 Panoptoの革新的な スマート検索 テクノロジーは、 動画検索を より進化させています。Panoptoでは動画の名前だけでなく、動画内の画面に表示されている単語を検索することもできます。

関連資料: 2021年の最高のオンラインビデオプラットフォームの比較

 

ライブ配信が簡単です。 Panopto の動画プラットフォーム機能を使えば、 ワンクリックでWEB配信することができます。つまり、動画を録画できる人は誰でも、視聴者の制限なしに公開または非公開でライブ配信できます。Panoptoはライブ配信を自動的に録画し、WEB配信の終了後にオンデマンドで即座に視聴できるようになります。

詳細な動画分析。 無料の動画ホスティングプラットフォームとは異なり、企業向け動画プラットフォームには、 詳細な動画分析とレポート機能があり 、誰がどの動画を見たか、いつ視聴を停止したかを把握できます。より優れた動画分析は、コンテンツ毎の視聴傾向を把握できるだけでなく、従業員・チーム・組織全体にとって、コンプライアンス、企業によるガイダンスの学習、オンボーディングの完了率を把握する際に役立ちます。

ブランドに合わせることができます 動画ポータルをブランド化して 、プラットフォームの動画プレーヤーをカスタマイズでき、視聴者が視聴したすべての動画があなたの会社のものであることを知ることができます。どこを見ても、視聴者はあなたの会社のサイトを離れることのないように感じます。ロゴを追加したり、色やフォントを選択したりできます。Panopto を使用すると、60秒以内で好きな外観にできます。

カスタマーサポートが含まれます。 Panoptoでは、 24時間365日のカスタマーサポートを提供し 、複雑なAVセットアップを把握し、必要な最高の機器について相談し、他の何でも支援できる本物のエンジニアとつながります。
 
 

Panoptoのデモを依頼する

Panoptoエンタープライズでテストを行う前に、当社のチームに連絡してパーソナライズされたデモをご依頼ください。

Panoptoを無料で体験する