会議に価値があれば、それを維持する価値がある。

Webex MeetingとPanoptoは最高の組み合わせです。

ミーティングは、アイデアを交換し、コラボレーションを行い、意思決定を行う場所です。社内の会議を記録し、共有することで、従業員が会議に費やす1分1秒から得られる価値を最大化することができます。

すべてのCisco Webex会議の完全な記録があれば、従業員は出席できなかった会議を見ることができ、メモを取る必要なく会議に積極的に参加することができ、進行中のプロジェクトに参加しても簡単にスピードアップすることができ、セキュリティやコンプライアンスの目的でアーカイブされた会議記録を監査することもできます。 

Cisco Webexミーティングの録画と共有に加えて、PanoptoはRTMPライブストリーミング機能により、より多くのリアルタイムオーディエンスにリーチすることができます。膨大な数のライブオーディエンスに即座にリーチできるだけでなく、非同期再生のための録画も可能です。

ミーティングインテリジェンスの詳細はこちら>

Panoptoは、Cisco Webex Meetingsが終了した後に続きます。

Cisco Webex Meetingsは、必要に応じて録画可能なリアルタイムのビデオ会議を実現するために設計されています。しかし、ビデオ会議が終了した後は、録画したWebexミーティングを探したり、共有したり、視聴したりするために、特別な努力をしなければなりません。Panoptoは、必要不可欠な管理者とエンドユーザーの機能を追加することで、Webex Meetingの録画ライブラリを、検索可能な広大なビデオナレッジベースにすることができます。

特徴

Cisco Webex Meeting

Cisco Webex Meetings + Panopto

行政機関

社内外のユーザーとの安全で自動的な共有 NY
数100万件の会議r録画を安全に管理するためのスケーラブルなコントロール NY
数十万人の社内外の参加者に向けたWebex会議のRTMPライブストリーミング NY
無制限のストレージ NY
詳細なコンテンツ管理と保持ポリシー NY
ディープアナリティクス NY
録画ワークフローを合理化するためのハードウェアおよびソフトウェアアドオンのパートナーネットワーク NY
APIアクセス YY
会議の記録を他の企業のビデオベースの資産と統合する NY
監査ログはユーザーレベルでの閲覧を記録 NY

エンドユーザー

すべての会議のビジュアルインデックスを自動的に作成 NY
会議ごとにハイパーリンク付きの目次を自動作成 NY
画面に表示されている言葉だけでなく、話し言葉でも検索できます。 NY
参加したすべての会議で話された言葉の検索 NY
ソフトウェアをインストールすることなく、ブラウザ上で堅牢な編集が可能 NY
人の手による字幕やLMS埋め込みなどの最終工程 NY
メモを取るだけではないミーティングAI。Panoptoのスマートチャプターとスマート検索の詳細はこちら。

メモを取る以上のことをするAIに会う。

会議はダイナミックかつ共同作業となるイベントです。さまざまな場所で、複数の人々が、画面やスライド、文書を共有しながら話すという機会が多くあります。メモを取ったり、サマリーを提供するように設計されたミーティングアシスタントでは、後になって貴重な情報を見逃してしまいます。

Panoptoの革新的なミーティングAI機能により、細部まで完全に保存することが可能です。インサイトを見つけやすいフォーマットで情報を表示します。

PanoptoでCisco Webexミーティング内を検索

インテリジェントなビデオ検索により、従業員の生産性を瞬時に向上させることができます。

ほとんどの検索システムでは、録画された会議のタイトルと説明のみをインデックス化しています。そのため、従業員は実際に必要な2分間を見つけるために、何時間ものビデオの中から探し出す必要があります。これは時間の無駄であるだけでなく、情報があるとわかっていても、それがないと諦めて次に進むことができない社員を苛立たせることになります。

PanoptoのAIを活用したビデオ検索機能は、社員が参加した会議で話されたあらゆる単語やフレーズを検索することができるため、製品マネージャーが重要な機能を実演したり、エンジニアが複雑な問題の解決策を説明したりするような、正確な会議の瞬間を即座に見つけることができます。

また、Panoptoは画面上のすべての単語にインデックスを付け、会議で提示されたスライド、ホワイトボード、その他のコンテンツを検索可能にします。

スマート検索の詳細はこちら
PanoptoとCisco Webex Meetingsを統合し、会議の記録を編集することができます。

Panoptoの直感的なビデオ編集ツールは、Webexミーティングをビデオ制作のパワーハウスに変えます。

Panoptoは洗練されたポストプロダクション ワークフローを提供し、誰もが録画されたミーティングを洗練されたプロフェッショナルなものにすることができます。従業員はWebex Meetingsでプレゼンテーションを録画し、Panoptoを使ってYouTubeのビデオやその他の添付ファイルやリソースをビデオ内に追加して強化することもできます。トレーニングシナリオでは、ビデオ内の任意の場所にクイズを追加し、個々のユーザーの結果をLMSに直接送信することができます。

Panoptoのオンラインビデオエディタでは、ソフトウェアのダウンロードやインストールは必要ありません。ドラッグ&ドロップで会議の一部を切り取り、新しいビデオを公開するだけです。Panoptoでの編集は非破壊的なので、いつでも元の会議録画に戻したり、必要に応じて再編集することができます。

Panopto内のクローズドキャプションワークフロー機能により、機械または人間が生成した字幕をシームレスに追加することができます。自動生成された字幕は、各録画の中にその場ですぐに挿入、編集することが可能です。管理者は、Panopto内で、グローバルのヒューマン・キャプションサービス・プロバイダから許可ベースでの依頼設定をすれば、大規模なクローズドキャプションを有効にすることもできます。

Panoptoでの動画編集についてはこちら
PanoptoでWebexミーティングの録画をより効率的に管理できます。

すべての会議の記録を保護します。

かなり日常的な会議であっても、一般には公開しないような機密情報が含まれていることがあります。製品の発売計画や販促キャンペーンのスケジュールから、スキーマのテストや内部アーキテクチャの議論に至るまで、従業員が話さなければならないことはたくさんありますが、外部の人には見られたくはありません。

社員は通常、1日に3〜5回の会議に出席します。つまり、数千人の従業員を抱える大企業では、年間100万件以上の会議記録が発生することになります。このような会議で発生した知的財産の機密性を維持することは、企業のIT戦略にとって不可欠です。

Webex MeetingとPanoptoを統合することで、会議の録画権限をより細かく制御することができます。そのため、従業員は録画に簡単にアクセスして共有することができ、録画内の機密情報が保護されていることを確信することができます。Panoptoでは、すべてのWebex Meetingの録画はデフォルトでプライベートに設定されており、管理者は組織のビデオの共有をどれだけオープンにするか制限するかをグローバルに決定できます。シングル サインオン (SSO) により、従業員は既存の認証情報を使って安全なビデオを見ることができ、管理サポートのコストを削減し、Cisco Webex Meeting の管理者はユーザーの権限を大規模に定義することができます。

また、Panoptoには洗練されたビデオ管理ツールが含まれており、管理者はシステム全体および部門ごとにコンテンツ保持ポリシーを設定することができます。その他の様々な管理ツールにより、ブランディングをカスタマイズしたり、LMSや社内イントラネット、その他のコミュニケーションプラットフォームなどのサードパーティシステムにPanoptoを組み込むことができます。

Panoptoの動画管理システムについて詳しくはこちら
.wrfや.arfを.mp4に変換する時間を無駄にすることはありません。Panoptoでは、再生ボタンを押すだけで、どのデバイスでも録画されたWebexミーティングを見ることができます。

再生ボタンを押してください。

ファイルの変換やプレーヤーのダウンロードはありません。

Panoptoは、Webexミーティングの録画を自動的にエンコードし、どのデバイスでもすぐに再生できるようにし、利用可能な帯域幅に基づいてビデオ品質を調整します。

Panoptoの埋め込み式ビデオプレーヤーは、会議終了後にチームがリモートでコラボレーションを継続することを容易にする追加機能を提供します。このインタラクティブなプレーヤーには、メモや非同期のチャット機能があり、会議終了後も録画の中でディスカッションを続けることができます。また、会議の重要な場面をブックマークして、後で簡単に参照することもできます。