キャンパスは閉まっています。光の速さで遠隔学習を可能にする

学生としっかりコミュニケーションが取れる動画授業の基盤を構築

2020年3月、新型コロナウイルス対策の特別措置法が制定される前後、教育業界は遠隔授業への緊急対応が迫られました。遠隔授業に切り替えた講師たちは、すべてのコンテンツをオンラインで配信することが難しいと感じ、オンデマンド動画を積極的に展開したいと考えるようになりました。しかし、動画授業では、誰がビデオを見たかという出席管理が難しく、この点が特に問題視されました。

そこで既存の教育向けビデオ授業ソリューションなどの検討を進め、さまざまな調査を実施したところ、目白大学の希望にマッチしたPanoptoを採用しました。

課題

ビデオ授業の視聴統計を知りたい。学生にきちんと届いているか不安を感じる

目白大学ではCOVID19のパンデミックを受け、2020年3月に急ピッチでリモートラーニングを導入しましたが、当時、同大学では以下のような課題を抱えていました。

  • 教育用動画やストリーミングの学習管理システムとの統合
  • 授業出席を取るための動画分析
  • インストラクションビデオ視聴とセキュリティ管理の必要性
Panoptoインテリジェントビデオ分析

ソリューション

目白大学は、動画による教育・学習のプラットフォームとしてPanoptoを選定しました。

コンテンツを再生する際には、大学のドメインを確認するため、権限のないユーザーからのアクセスを遮断することができます。また、デバイスを問わず再生速度を自由に変更できるので、学生は理解度に応じて映像をスロー再生したり、繰り返し再生したりすることができます。講師からは、対面授業では理解やメモに時間がかかる学生に合わせて話すペースを変えていたのが、再生速度を自分で選べるようになったことで、一定の速度で話すことができるようになったと言う評価を得られました。

ポストコロナ、ウィズコロナの視点から考えると、今後も一定割合の遠隔授業を併用することが適切だと考えられます。その際、ライブ感にすぐれている同時双方向通信による遠隔授業も大切ですが、対面授業と入り混じった時、学生の受講環境の確保が気がかりです。学生にきいてみても、同時双方向通信による授業よりもオンデマンド動画による授業の方が自分のペースで勉強できてよいという学生が多くいます。

目白大学副学長 今野裕之氏
Panoptoを使って、Zoomで録音した画面上の音声やテキストを検索することができます。

対面授業の代わりにPanoptoを導入

Panoptoを利用したリモート教育は、効率的かつ包括的なものであると感じています。

Panoptoは、使いやすく視聴統計の管理も可能で、セキュリティ対策も十分と、当初の要望にしっかり対応しています。学生にとっては、自身の個性に合わせて学ぶことができるというメリットも享受でき、目白大学の遠隔授業はさらに効果的に進んでいくことでしょう。

ケーススタディの全文をPDFでダウンロードできます。