連続して会議を行う日々を終わりにします。

“ビデオ会議は、今日多数ある遠隔チーム対象の通信及び研修ツールの中で、最も代表的なテクノロジーの一つかもしれません。しかし、複数のタイムゾーンにまたがるスタッフを同時に一つの通話に集めるのは、常に可能ではなく、皆の時間の最も有効な使用にもつながりません。リアルタイムの通信が貴重であることを否定するのではなく、連続した会議で予定を満杯にせずに、遠隔チームが詳細の情報を交換し、遠隔で知識を共有する方法がある、ということです。

Panoptoは、効果的な動画通信及び研修のために、遠隔にいるスタッフに、より柔軟なソリューションを提供します。Panoptoは、オンデマンド動画を安全に収録、編集、共有、及び検索するための強固なツールセットとして、遠隔スタッフの生産性を最大限にし、大規模な情報の流れを改善します。事業を今までより刷新的で機動的なものにし、利益の増大につながります。”

Panoptoを使用して、遠隔作業にまつわる最もタフなチャレンジを克服する

遠隔チームの通信を増やし、おしゃべりを減らす方法です。

非常に生産的な遠隔チームの成功の秘訣は、明確でタイムリーな通信を非同期的な手段を使って優先し、個人の生産性を損なうような、行き当たりばったりのやりとり、またはリアルタイムの会議を最小限にすることです。

長文の電子メールの送信という、旧式な慣習の代わりに、従業員は、Panoptoを使って、発表に必要な時間内で、わかりやすい情報を配信します。ウェブカムとラップトップだけで、従業員は、マルチストリームのオンデマンド動画メッセージ、プレゼンテーション、文書、ハウツー、研修、その他を簡単に収録・共有できます。

Panoptoは、組織の動画資産を安全なオンラインライブラリに自動でアップロード・保存します。そこから、遠隔スタッフは、検索スペースに簡単に入力し、視聴許可のある動画コンテンツ内の答えをすぐに見つけられます。

会議をもっと活用する

会議キャプチャは、リーダーチームがいずれは取り組むことになる、複雑でお金のかかる問題に対する、シンプルなソリューションです。会議をより生産性の高い、価値あるものにする方法です。組織全体を通して会議を収録できれば、参加者の集中は自然と増し、より多く貢献できます。参加できない、または他の優先事項があるメンバーも、会議を逃さなくてすみます。

Panoptoは、Zoom、WebEx、事業用Skype、GoToMeeting、BlueJeansといった動画会議ソリューションから、クラウドで会議の収録を自動取り込みするように構成できます。それにより、検索・共有に通常必要となる、追加のステップが不要になり、許可された人のみがアクセスするようにします。また、Panoptoは、会議の収録で発言・表示された全ての言葉を文字化するので、会議の検索可能な記録が作成され、 参加者が詳細のメモを取る必要はありません。参加者は、会議終了後も、タイムスタンプされた議論や収録内のメモを介して、共同で作業を続けられます。

Panoptoは、コスト効率の高いツールを提供し、e学習の実施方法を拡大させます。講師指導の教室、及び当社コース教材や自習ガイドと並行して、動画によって授業をオンデマンドで何度も視聴でき、主題専門家に親しみ、さらに社内で協力して作業できます。

Qualcomm Inc.、製品管理ディレクター、Dana Sanderlin

Panoptoが不足を補います。

自宅で仕事をしている従業員の間での、知識の共有を最大限にします。

自宅勤務の従業員は、近くにいる同僚に、ハウツーのデモンストレーションを手早く頼んだり、新しい作業手続きの説明を得たりすることはできません。その方が、通常、会社のポータルのどこかにある文書を見つけて読み通すより、早くすみます。

遠隔スタッフは、Panoptoで、より効果的に知識を共有できます。主題専門家が提供する情報を見つけ、随時、即刻の回答が得られます。遠隔スタッフは、Panoptoが提供する、使いやすいソリューションにより、知っていることを、検索可能なオンデマンド動画に素早く収録・共有できます。チームは、動画ベース知識を検索、及び安全に共有でき、その速度は、PanoptoのSlackアプリで、スラッシュコマンドをDMやSlackチャネルに入力するだけで、速まります。

チームと同様に柔軟な、バーチャル教室研修。

Panoptoのオールインワン動画プラットフォームには、効果的なライブ、オンデマンド、及びジャストインタイムのバーチャル学習のサポートに必要となる、全てのツールが含まれます。視聴者は、Panoptoの学習に最適化された、動画プレーヤーを介して、カスタマイズ可能な、教室に似た研修環境を体験します。

Zoomを介したライブ研修セッション、またはミクロ学習動画の自習コースであっても、講師は、遠隔スタッフと研修動画をキャプチャ、編集、安全に共有できます。そのため、通常必要な、非常に時間がかかるワークフローは不要になります。さらに良いことには、同じライブ研修セッションを何度も繰り返して、より広範囲の視聴者に対応する必要はありません。Panoptoを使えば、散らばるスタッフに、効率よく、より多くの研修を配信できます。

Panoptoは、最もLTIと互換性のある学習管理システム(LMS)と統合し、学習に最適化された研修動画、及びライブ研修収録の安全な共有を、直接、人々が学習のために既にアクセスする場所へ自動化します。Panoptoにアップロードされた各収録は、検索用に表記され、ユーザーが、その認可規則に従って、利用できるようになります。Panoptoは、自動生成されたキャプションを動画やクイズに追加し、視聴者の継続した参加を可能にします。

記憶に残る、遠隔の新人研修体験。

ビデオ会議により、ライブで対面のバーチャル通話を行い、遠隔で働く新入社員をチームに歓迎でき、マネージャーは、一対一で慣れてもらえます。しかし、テンポを上げ、その役割で素早く成功するため、必要となる情報はどうなりますか。別のソリューションがないと、新人に過剰な負担をかけて、すぐに忘れる可能性の高いことを自宅で長時間読ませることになります。または、ライブのビデオ通話に2週間かけ、新顔が多すぎて覚えられないため、最初から疲労困憊となります。

同僚の新人研修に、従業員が費やす時間を減らし、より良い遠隔の新人研修プロセスによって、高くつく離職率のリスクを回避しましょう。

組織は、Panoptoで、効果的なバーチャル新人研修プログラムの作成に必要となる、追加ツールを獲得します。同プログラムは、新しい情報の理解及び保持をサポートするために企画された形式で、内容の濃い、一貫性のあるメッセージを配信します。会社方針から、チーム特定の処理や手順まで、管理者、研修者、及び主題専門家は、Panoptoを使って、オンデマンドの動画を簡単に収録できます。新入社員は、参加型セルフガイドの新人研修プログラムの一環として、その動画を何度でも視聴できます。また、PanoptoのAI搭載動画検索で、視聴した一切が検索可能になり、シンプルなキーワード検索で、すぐに見直せます。

バーチャルの会社イベントを任意の場所から、出費を抑えて、ライブストリームする。

ライブの会社の市庁舎イベント、利益会議、及び学術会議は、皆が同じ部屋にいられないからといって、止める必要はありません。Panoptoは、プロ並みのバーチャルイベントをフルHDでストリーム・収録するため、遠隔チームに必要となる全てを提供します。一つのホームオフィス、または複数のホームオフィスから実施できます。

Panoptoは、クラウドで、複数のカメラ及びロケーションから、ライブフィードを同期化できます。公開または個人で、バーチャルイベントを多数の視聴者にストリームします。Panoptoがストリーム中に収録するので、視聴者は、ライブDVR制御を利用し、停止、巻き戻し、または遅れて来ても最初から視聴できます。Panoptoのライブ質疑応答機能により、ライブストリームがインタラクティブになり、視聴者は、動画プレーヤーを介して、質問やコメントを提出できます。

ライブイベント後、Panoptoが全作業を行って、ライブストリームの収録をアップロード・表記するので、誰でもオンデマンドで、すぐに視聴できるようになります。

遠隔スタッフに対する包括的な生産性ソリューション。

バーチャル通信、共同作業、知識共有、及び研修のための、最も柔軟性のある動画プラットフォームについて、遠隔スタッフに継続して情報を提供し、その積極的な参加を図ります。