動画は、デジタル・ラーニングの分野で重要な役割を果たしていますが、それは当然のことです。動画は、企業がトレーニングの提供を容易に拡大し、従業員に必要な時点でソリューションを提供し、リモートでの柔軟な自己学習への移行をサポートする可能性を秘めています。

動画学習を効果的に活用することで、ビジネスの目標達成に貢献することができます。しかし、社員研修での動画使用方法が2003年当時のままであれば、学習者とビジネスの両方に与える影響は小さくなるでしょう。

このウェビナーは、 Training Zone が主催したもので、以下の内容をわかりやすく解説します。

  • 動画学習は、この15年間でどのように進化してきたのか

  • 既存のトレーニングアクティビティのうち、動画を使ってサポートしたり、規模を拡大したりできるものは何か

  • 動画学習をビジネスの目的に合わせるには

  • プロフェッショナルビデオとユーザーコンテンツの使い分けについて

このページのフォームに入力すると、オンデマンドで視聴することができます。

ウェビナーを見る