ビデオ会議システムを通じて提供される学習は、遠隔トレーニングの標準となり続けている。しかし、同期型の学習方法は、必ずしも組織の学習・開発(L&D)ニーズに対応する最適な学習方法とはいえない。分散したチームでは、仕事の流れの中で学習することが必要であるが、ライブトレーニングを繰り返すと、チームのスケジュールや帯域幅に大きな負担がかかる。

このウェビナーでは、トレーニングの生産性と効果を高めるために非同期(オンデマンド)ビデオを使用する6つの実用的なソリューションと、代わりにリアルタイムのトレーニングを選択すべき3つの例を紹介します。非同期および同期のトレーニング手法を組織の L&D プログラムに適用する方法について、知識を得ることができます。

このインタラクティブなウェビナーで、あなたは学ぶことができます。

  • 非同期式トレーニングとは何か、そしてなぜ多くの L&D チームが学習成果の向上のためにそれを利用しているのか。
  • 非同期配信に適したトレーニングの種類とその計画・制作方法
  • 同期型のトレーニング方法が効果的な場合とその理由を示す3つの例
  • 非同期式トレーニングを導入している組織の例とケーススタディ

ウェビナーを見る