企業は、増え続けるコンプライアンス規制、予測不可能な離職率、従業員の文化や学習スタイルの変化などの課題に直面しており、ビジネスリーダーは、トレーニングの取り組みを拡張しサポートする新しい方法を模索しています。

最近では、動画がその助けとなるケースが増えています。フォーマルとインフォーマルの両方の学習ニーズに対応できる動画は、インストラクターがトレーニングの質、スピード、効果を高め、プログラムコストを大幅に削減することに役立ちます。

動画がトレーニングに最適なツールであることは言うまでもありません。今日のL&Dのプロたちは、現代のトレーニング環境においてテクノロジーが提供する潜在価値を理解しています。彼らにとっての真の課題は、組織を説得することのようです。

このウェビナーでは、Qualcomm、Siemens、Tableau Software、Perkins Coie LLPなどの実例をもとに、L&Dチームが動画を使用する6つの斬新な方法を紹介しています。また、動画の使用を促進するトレンドと、ビジネスで活用する方法についてもご紹介いたします。

このウェビナーをオンデマンドで視聴するには、このページのフォームに記入してください。

ウェビナーを見る