今日の教室では、動画は急速に普及しています。これは、出席している学生が試験間近になって復習するためのリソースとなるだけでなく、遠隔学習者、成人学習者、オンライン受講者など、予定された時間に授業に出席できない学生にとっても、教室での体験を維持するためのリソースとなります。

講義や教材を録音するのは簡単ですが、その録音によって学生が教室で受けるのと同じ質の教育を受けられるようにするには、ちょっとした計画が必要です。

このウェビナーでは、アパラチアン州立大学のトーマス・ミュラー教授が、自身のオンライン授業の経験と、これから動画ベースのオンラインコースを開催したいと考えている人にお勧めの7つの注意点を紹介します。このウェビナーでは、より成功する遠隔学習コースをデザインするために、以下のようなことを計画する必要があることを学びます。

  • 技術面の考察
  • ポリシーの考察
  • 教育上の考察

このウェビナーをオンデマンドで視聴するには、このページのフォームに記入してください。

ウェビナーを見る