レジリエントな大学を構築するには、新しい学習配信モデル、アクセシビリティ、そして全体的な学生体験に焦点を当てた、長期的かつ適応可能な戦略が必要です。革新的なテクノロジーは、大学やカレッジが高等教育の新しい常識を定義し続ける中で、最前線に位置しています。しかし、その戦略をサポートするための適切なツールを見つけるのは難しいことです。

そこで、高等教育界のリーダーたちが、どのようにしてレジリエンスの高い大学を構築しているかを紹介する「コミュニティ・トーク」シリーズを新たに開始することになりました。

このシリーズの最初のウェビナーでは、アリゾナ大学のアカデミック・テクノロジーと学生情報システムのディレクターであるマーク・フェリックス氏をお招きし、45,000人の学生が在籍するキャンパスをHyFlexのリモート・ラーニング・モデルに移行した経験から得られた洞察をお話いただきます。

 

このページのフォームに入力すると、オンデマンドで視聴することができます。

ウェビナーを見る