教授がどのように教え、どのように学生と関わるかは、この2年間で劇的に変化しました。 学生の注目を集め、説得力のある教育方法を提供する新しいツールや手法により、60分の講義は、より柔軟で魅力的、かつ公平な教育モデルへと抜本的に進化しているのです。

新しい教室では何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのか。 同期学習と非同期学習の役割とは? 教授陣が学習成果を上げるために、どのように新しいテクノロジーに傾注しているのか?

このパネルディスカッションに参加してください。 ジョー・ベアー(バージニア・ウェスタン・コミュニティー・カレッジのメディア・オタク責任者)アダム・ネメロフ(ダートマス大学ラーニングラボ・リード)氏 を議論しながら 

  • 60分講義の進化
  • 過去2年間の遠隔教育から得た教訓
  • より柔軟で公平な学習体験を実現するための戦略
  • これらの新しい学習モデルをサポートするツールやテクノロジー

ウェビナーを見る