大学がバーチャルラーニングを対面学習の基礎として活用する方法

バーチャル学習への激変は、教室に戻った大学でさえも、減速する気配はありません。

ビデオ学習は、遠隔地からの録画という謙虚な始まりからはるかに進化し、学生も教員も、自宅であれキャンパスであれ、教育者や教育機関に期待するようになった、アクセス可能で柔軟な、将来性のある学習パラダイムの基礎となりました。

このセッションでは、Panoptoの教育用ビデオエキスパートであるChris Alibaruhoと一緒に、その発見をしましょう。

  • データで見るトレンド 1,100以上の教育機関から寄せられた対面講義とバーチャル講義のキャプチャを中心にご紹介します。
  • ノートルダム大学が対面式学習を重視しながら、バーチャル学習を合理化し、高めた方法
  • 「ビッグ3」テクノロジーの重要性 バーチャルおよび対面式教室のバックボーンとして
  • 3つの戦略 バーチャル学習ツールを活用し、対面式教室を強化する。
クリス・アリバルホ
クリス・アリバルホ 教育ビデオ部門責任者
Panoptoは

Chris Alibaruho 高等教育の技術専門家として、大学やカレッジと協力して、ビデオを使った学習体験の変革に取り組んでいます。 彼の教育に対する情熱は、家族、特に父親と、グローバルな教育体験からきています。 クリスはパノプトの高等教育営業チームを統括し、業務の厳格さ、文化的な信頼性、そして顧客に対する徹底的なフォーカスに注力しています。 ペンシルベニア州立大学でマーケティングの理学士号を取得しています。

ウェビナーを見る