パンデミックは、学習がいつ、どのようにして行われるかについての私たちの理解に疑問を投げかけました。そのため、私たちは単純に元の状態に戻ることはできません。

私たちは、過去18ヶ月間に3,100万回以上の録音から何百万ものデータを収集し、それらを分析して、学生や教員が未来の学習をどのように予測しているかを明らかにしました。

このセッションでは、PanoptoのCEOであり、UNCチャペルヒルのポスドク研究員であるEric BurnsとShelbi Kuhlmanが明かします。

- 教員のコミュニケーション志向の変化

- 学生がどのように学習の好みを変えたか

- 学生に聞いたバーチャル・ラーニングの課題

- 非同期活動を学習成果につなげるためのUNCの最新の取り組み

このセミナーをオンデマンドでご覧になりたい方は、このページのフォームにご記入ください。

ウェビナーを見る