ガートナー社のレポートによると、パンデミック前は30%だった従業員のうち、COVID-19後は48%が少なくとも部分的にはリモートで仕事をするようになるという。リモートワークへの移行に伴い、リモートトレーニングから継続的な資格取得やコンプライアンスまで、人事・トレーニングチームはバーチャルトレーニングを機敏に統合し、従業員にトレーニング体験を提供する必要があります。 

Noesis社のTeaching& Learning DirectorであるFabian Moa氏によるファイヤーサイドチャット・ウェビナーに参加してみませんか? 

このウェビナーでは、以下のことを説明します。 

  • ビデオベースの学習を設計・提供するための重要な原則
  • ライブとオンデマンドを融合したトレーニング手法のメリット
  • 増加する遠隔地の学習者のニーズに合わせてトレーニングを拡大する方法

ウェビナーを見る