最近のコロナウイルスの発生以来、ほとんどの教育機関では、対面式の授業を避け、オンラインで実施する授業に移行するという特別な対応を実施しました。この前例のない状況は、教育機関がこれまで予想していなかった変化と課題をもたらしました。

今回のウェビナーでは、香港理工大学の体験談を聞くことができます。

スピーカー:

  • 香港理工大学 教育開発オフィサー(インストラクショナル・デザイン・スペシャリスト) KPマーク氏
  • 香港理工大学 応用社会科学部助教授 ロドニー・チュー氏

ウェビナーでは、以下の点に焦点を当てます。

  • 先生と生徒がオフラインからオンラインへの授業を行う方法
  • 運用、教育、文脈の観点から、変化をどのように実施するかについての議論
  • 前例のない課題に立ち向かうために、EdTech、Teaching、Supportingユニットをどのように準備するか

ウェビナーのオンデマンド視聴をご希望の方は、フォームにご記入ください。

ウェビナーを見る