ラーニング& ディベロップメントや人事チームにとって、最初の2週間と最後の2週間は、従業員の在職期間中で最も重要な時期であることが多いです。

最初の2週間は、一貫性のある包括的なオンボーディングを行い、新入社員にスピード感を持ってもらうことが重要です。

最後の2週間は、退職する社員の組織的な知識を保存することで、その社員がいなくなった後もチームメンバーが効果的に仕事ができるようにすることです。

このような重要な時期に、より効率的かつ効果的にノウハウを収集・交換するために、動画を活用する企業が増えています。どのようにしているのでしょうか?このウェビナーでは、実際の企業の実例を紹介します。

  • 社員がより早く学び、より多くのことを記憶するために、動画はどのように役立つか
  • オンボーディングのコスト削減と一貫性の向上に役立つ動画について
  • オンボーディングとオフボーディングに動画を活用する7つの斬新な例

このウェビナーをオンデマンドで視聴するには、このページのフォームに記入してください。

ウェビナーを見る