世界では、2025年までにミレニアル世代が世界の労働力の75%を占めるようになると言われています。

その日に向けて準備をしている組織の中には、新入社員全員をサポートし、可能にし、励ますためのマップがすでに存在していることに気づいているところもあります。

大学では、何年も前から動画を使用し、学生が自分のペースで学習し、オンデマンドでアイデアを共有するためのツールとして活用してきました。

これからは、企業がそれに追いつく時代です。

本紙では、次世代の社員が成功するために、組織がどのように動画をサポートできるかを以下のポイントで説明しています。

  • ミレニアル世代が動画の活用を期待する企業文化の4つの側面
  • 今の時代の新卒者の期待に応えるために、会社が動画を導入する方法
  • 新入社員が動画プラットフォームに期待すること

若手経営者の5人に3人は、今後5年から10年の間にビジネスクラスの動画への依存度が高まると予想しています。組織の準備が整っているかどうかを確認してください。

ホワイトペーパーを読む