この10年間で、病院や診療所、医大などの医療機関で働く人たちの教育や訓練、情報共有に、映像は欠かせないものになりました。

その理由は容易に想像がつきます。専門用語が飛び交う医療の現場では、文字通り内部に隠されたテーマに取り組まなければなりません。たとえ最良の状況であっても、医療従事者がテキストベースの文書やベストプラクティスを誤解することはあり得ます。医師、アシスタント、事務スタッフなどが、より多くの知識をより迅速に共有することを迫られ、また、第一言語を共有しない聴衆に対してもそうする可能性があるため、このような問題はますます大きくなります。

このような環境の中で、動画は、テキストでは表現できないような詳細な情報を素早く表示し、いつでもどこでも必要なときに簡単に共有・確認できる、ますますシンプルなツールとして、歓迎されています。

詳しくはこちら
管理者とのコミュニケーションの強化から、専門家間の技術的な知識の共有まで、各プロバイダーは、チームの教育、学習、情報共有の方法をサポートし、拡大するための一部として、動画を取り入れる独自の方法を見つけることができます。

当社の最新ホワイトペーパー「 A Premium On Expertise:今日の医療機関における動画の利用法 では、医療機関が情報の共有、トレーニングの向上、社内外でのコミュニケーションの改善のために利用している、今日の最も一般的な動画戦略について詳しく説明しています。

ホワイトペーパーを読む