実績紹介

Synaptics社のソフトウェア会社は、動画チャンネル作成にPanoptoを使用しました。

課題

Synaptics社は、カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、ヒューマンインターフェース革命のパイオニアでありリーダーとして、インテリジェントデバイスに革新的で直感的なユーザーエクスペリエンスを提供しています。Synapticsのタッチ、ディスプレイ、バイオメトリクス、IoT、音声、オーディオ、マルチメディア製品の幅広いポートフォリオは、同社の豊富なR&D、広範なIP、信頼できるサプライチェーン能力に基づいて構築されています。

Synaptics社は、高度な技術を要する製品を提供しているため、課題を抱えていました。社員一人ひとりが自社製品を理解し、サポートし、改善できるようにするためには、最先端の知識ベースを明確に文書化することが不可欠だったのです。しかし、実務レベルでは、このような文書化を維持するのはとても大変なことでした。製品ラインや市場でのポジションが目まぐるしく変わる中、最新の詳細や最も重要な要素は、社内の専門家の頭の中にしかないことが多いのです。

さらに、Synaptics社は3つの異なるビジネスユニットに分かれており、それぞれが独自の内部構造を持っています。あるチームのメンバーが他のチームのメンバーと交流することはあまりありません。さらに、それぞれのチームに所属する2,300人の従業員のうち、半数以上がアジアに拠点を置き、英語を第二言語としています。

社内に正式な知識共有の手段がないため、構造的、地理的、言語的な障壁により、社員個人の専門知識を社内の他の社員と効果的に共有することが困難な場合があったのです。

あるSynaptics社の従業員は、「複雑なテーマについて具体的な情報を得ようとするとき、その動画が適切なものか、探している情報が含まれているのか、ということを事前に判断することはほとんど不可能です」と述べています。「特定の瞬間 "に "特定の情報 "が必要なのです。
1時間の動画を見たり、探している情報を得るために複数の文書を調べる時間はありません。」

Synaptics社のソフトウェア会社は、動画チャンネル作成にPanoptoを使用しました。

ソリューション

こうした課題を認識して、Synaptics社のラーニング・ソリューション・ディレクターであるMinette Chan氏とラーニング・ソリューション部門は、大胆な目標を掲げました。公式・非公式の 知識共有 を一元的に利用できるようにしたかっただけでなく、Synaptics社の文化に変化をもたらしたかったのです。

SynapticsはPanoptoによって、社内に独自の動画ポータルを構築しました。SynaVisionと名付けられたこのプラットフォームにより、Synapticsチームは簡単に動画を閲覧、共有し、安全で集中管理されたライブラリに投稿することができるようになりました。SynaVisionを使用することで、社員はPanoptoを使って、専門家による詳細なウォークスルー、プロジェクトのキックオフおよびアップデートミーティング、手順の概要など、知識を共有するほぼすべての活動を、いつでもどこでも、すでに持っているノートPCやモバイルデバイスのWebカメラを使って録画できるようになりました。

動画制作と管理の技術的な側面は、第三者のAVスペシャリストと協力することで時間とコストを追加することなく、即座に対処することができました。Panopto を通して、SynaVision にアップロードされたすべての動画ファイルは – 新規、既存問わず – どのデバイスでも最適に 再生できるよう自動変換 されて、 検索できるようにインデックス化され、共有可能となり、他の従業員が オンデマンドで視聴できるようになるのです。チームや個人は「記録」をクリックし、共有したい情報を提示するだけで、あとはPanoptoに任せればいいのです。

「SynaVisionのおかげで、公開までの時間が短縮され、より早く情報を公開できるようになりました。」とChan氏は語ります。「2〜4週間かかっていたものが、今では1営業日以内に終わります。Panoptoを使用することで、組織内の情報共有がより効率的かつ合理的になりました。」

一方、視聴者にとっても、SynaVisionはアクティブラーニングとなり得ます。Panoptoの動画内 クイズ機能 により、動画クリエイターは動画の重要なポイントを補強するために質問を含めることができるようになりました。また、Panoptoの可変速再生は、視聴者が動画の再生に合わせて、半分の速さから倍の速さまで、速度を上げたり下げたりすることができるので、その言語を母国語としない人々にとって大きな助けとなりました。

"Panoptoを使うことで、組織内の情報共有がより効率的で合理的になりました。"

Minette Chan氏, Synaptics ラーニング・ソリューション・ディレクター
Synaptics社のソフトウェア会社は、動画チャンネル作成にPanoptoを使用しました。

インパクト

Synaptics社は、SynaVisionを導入することで、専門知識を共有するための完全な動画対応ソリューションを確立しました。このソリューションは、チーム構造、言語の壁、地理的な課題を克服し、会社が持つ組織的知識への前例のないアクセスを可能としました。

Synaptics社は SynaVision により、グローバルな社員の知識共有を促進し、専門知識を アクセス可能にするという、同社の課題に対する価値あるソリューションを提供しました。

プラットフォーム開設後まもなく、40%以上の社員がSynaVisionを訪れ、数千時間の教材を視聴しています。

わずか数ヶ月で1,000本以上のビデオがSynaVisionで見られるようになり、世界中のシナプティクスの社員が毎日のようにこのサイトを訪れ、仕事に必要な情報を探して消費しています。

ラーニング・ソリューション部門では、Synaptics 社員の約 4 分の 1 が SynaVision によって、1 週間あたり約 15 分の情報検索時間を短縮できると試算しています。SynaVisionの導入により情報共有が進んだことは言うまでもありませんが、このささやかな個々の利益は、会社にとって年間約7,000時間の生産時間の短縮につながります。

ケーススタディの全文をPDFでダウンロードできます。