学生プレゼンテーションを大規模に収録。

学生が学校で開発するプレゼンテーションや通信は、仕事場に持ち込む最も貴重な資産の一つです。残念ながら、学生プレゼンテーションは貴重な授業時間を費やすのが常でした。

Panoptoを使えば、学生は自宅で行う課題として、ラップトップ、タブレットやスマートフォンを使って、マルチメディアのプレゼンテーションを収録できます。講師は、その後各学生の動画をオンデマンドで見直し、収録内に直接コメントやフィードバックを提供できます。

Panoptoの動画プレゼンテーション収録についてさらに詳しく知る >

一切お金をかけずに独自の「メディアラボ」を作りました。視聴覚機器の配置されていない、通常の学生会議室に、Panoptoがインストールされたラップトップを設置し、収録を押すだけです。6つの部屋で同時に40のプレゼンテーションを、90秒以内に収録できました。

ブリティッシュコロンビア大学、 サウダービジネススクール、Cameron Morrell

カメラの前の練習を通した実践的な学習。

練習は学習プロセスの欠かせない部分です。動画の利用で、講師や同級生が簡単に見直し・批評できる方法で、学生はより多くの練習時間を取られます。

Panoptoは、MBA学生が事業ピッチを収録する、エンジニア学生がプロジェクトを発表する、外国語を学ぶ学生が能力を示す、看護・医療学生がシミュレーションをキャプチャする、その他を行うための完璧なツールです。

赤ペンを引退し、動画ベースのフィードバックを開始。

動画は学生の課題にフィードバックを与える参加型ツールを提供します。

講師は、筆記課題にウェブカム、スマートフォン、またはドキュメントカメラを使用して、フィードバックを収録できます。または動画課題で、学生の収録に時間刻みのメモやコメントを挿入できます。

どちらの場合でも、フィードバックは各学生と私的に共有でき、課題を通して文脈上関連するフィードバックを提供できます。

Panoptoで、各学生の個人的な収録を直接提供できます。これにより、自身及び同級生による見直しが奨励され、教授スタッフは各学生のパフォーマンスについて、形成及び累積的フィードバックを提供できます。それにより、学習体験全体が向上します。

エセックス大学、看護BSc講師、Natasha Morrison

学生に新しい方法でチャレンジする。

動画により、教育者は通常のエッセイ、評価、読解の課題、その他の種類の宿題を超越できます。

Panoptoとラップトップ、タブレット、またはスマートフォンで、学生は動画インタビュー、デモンストレーション、スピーチ、フィールド活動等を収録できます。その後、講師のPanoptoサーバーにある個人のドロップボックスに課題をアップロードし、動画をオンライン編集し、見直しやフィードバック用に提出できます。

教師を反転し、受動的学習に終わりを告げます。

学生のアイデアを講義の一部にして、トピックに没頭できるようにします。「教師の反転」は、反転教室の概念から発展し、学生がその日の授業の情報を取得します。

学生は予定された授業のためにマイクロ講義を作成、または単に講義や読解への素早い反応を収録・共有できます。講師は、他の学生が学ぶ例として、または議論やディベートを開く会話の発端として、この反応をクラスで再生できます。