実績紹介

レクチャーキャプチャーの設定例と図

課題

ヴェローナ大学では、さまざまな分野の学部、大学院、博士課程を提供しています。この先進的な教育機関は、教育と学習を学生のニーズに合わせることに専念しており、その学位プログラムを実際の仕事の世界に合わせることを常に追求しています。

Verona大学では、LMSとしてMoodleを、ライブビデオ会議用にZoomを使用していました。これらのシステムは、どこからでも管理・使用することができますが、教授が講義動画を録画するためには、キャンパス内の教室に物理的にいなければなりません。講義を録画できる教室は限られており、予定されている授業時間外に講義動画を録画する時間を予約することは困難であり、時には不可能な場合もありました。

そのため、教授がいつでもどこでも柔軟に動画を録画するための、ソフトウェア中心の動画キャプチャソリューションが必要でした。また、学生との動画共有も簡単にできる必要がありました。

iPhone ウェブカメラのビデオで画面を録画する

ソリューション

ヴェローナ大学では、教育者が新しい授業スタイルを模索する力をつけるために、Panoptoを採用しました。1時間のPanoptoとMoodleの使用に関するワークショップの後、教授たちは簡単に新しいシステムを使い始めることができ、動画録画の機能を大幅に拡大することができました。

また、同大学では、LMSを通じて学生に動画コンテンツを安全に配信するためのワークフローを自動化し、システムをリモートで管理することも可能になりました。

「Panoptoは、使いやすさ、すでに使用している他のテクノロジーとの統合、そしてソフトウェアの背後にいる人々の印象など、多くの理由で私たちの第一候補となりました。」

ヴェローナ大学 ISTエリア TIDチーム長 Silvano Pasquali氏
動画講義を視聴してハイブリッド授業を体験する学生

インパクト

COVID-19のパンデミック発生当初、イタリアではウイルスの蔓延を抑えるために国家的な検疫が実施されました。イタリアの多くの大学が休講となり、大混乱を経験する中、ヴェローナ大学の学生はオンラインで学期を中断することなく継続することができました。

ひとつだけ確かなことは、この大学が早期に適切なラーニングテクノロジーを導入し、成功に導いたということです。ISTエリアTIDチーム長のSilvano Pasquali氏はこう述べています。「私たちは準備ができていると感じていました。パンデミックは予期していませんでしたが、学習技術のエコシステムがオンライン学習への移行をサポートしてくれるということは理解していました。」

ヴェローナ大学は、イタリアで最初にPanoptoを導入した大学です。振り返ってみると、Pasquali氏は、初日からこれ以上ないほど自信を持ってパートナーシップを結ぶことができたと言います。「Panoptoは、社内の同じチームによってエンドツーエンドで構築・管理されています。他の動画プラットフォームはサードパーティのソリューションで構成されており、トラブルシューティングははるかに困難です。Panoptoに電話すると、私たちのフィードバックに耳を傾け、
サポートに尽力してくれます。」

PDFのケーススタディをダウンロードできます。