アクセシビリティを解き放つ:オンデマンド・ウェビナーの主な内容

 

教育の包括性を高めようとする今日、学生の多様なニーズを理解することは極めて重要である。 全学部生の19%が学習障害を訴えており、追加的な支援の必要性が顕著に表れている。

あなたの教育機関は、こうしたアクセシビリティのニーズに効果的に応えるためにテクノロジーを活用していますか?

最近のウェビナーでは、アイオワ大学のシニア教育技術コンサルタントであるマイケル・エスペイ氏とアクセシビリティの重要性について話し合いました。彼は、3万人以上の学生が通う活気あふれるキャンパスで、テクノロジーを活用してアクセシビリティを向上させた豊富な経験を有しています。

以下は、マイケルとのディスカッションから得たいくつかの重要な学びである:

1.生徒の話を聞く: 

アイオワ大学では、学習障害のある学生の間で、手動で編集したキャプションの方が精度が高いにもかかわらず、ASR(自動音声認識)技術による迅速なキャプションを好むという傾向が顕著であることを確認している。 大学では、Panoptoのようなクローズドキャプションのツールを使って、このような対応を効率的に統合している。

このASRへの軸足は、EdTechの領域におけるより広範な物語、つまり、技術的ソリューションを生徒の実際の生活体験や期待に合わせることの重要性を強調している。

2.教員レベルでの実施

画一的な戦略では的外れになることが多い。 マイケル・エスペイ氏は、学習におけるユニヴァーサルデザイン(UDL)の枠組みを、全学的に広範に強制するのではなく、個々のコースや教員に合わせてカスタマイズし、きめ細かなレベルで適用することの有効性を強調した。 柔軟性と持続可能性が評価されたこのアプローチは、多くの学生の多様なアクセシビリティ・ニーズを満たすことに成功している。 アイオワ大学の3万人の学生が学ぶ広大なキャンパスで、それぞれの教室、学生、学部が、独自の学習要求に純粋に対応するモデルから恩恵を受けられるよう、オーダーメイドの教育体験が可能になる。

3.キャンパスの学習の優先順位を階層化する

マイケルのアイオワでの経験から得た重要な洞察は、学習とテクノロジーのニーズを分類するための教育機関の戦略的アプローチである。 これらを中核、共通、独自のセグメントに分類することで、大学は、キャンパス全体におけるニーズと影響のさまざまな程度に密接に一致する意思決定の枠組みを作り上げた。 この構造化されたアプローチは、より効率的な資源配分につながり、各教育優先事項が適切なレベルの関心と投資を受けることになる。

これらのハイライトは、ウェビナーで共有された豊かな洞察の表面に触れたにすぎない。 ウェビナーをオンデマンドで視聴し、議論を深めていただきたい。

 

次回のウェビナー「誰が本当に宿題をやっているのか」をお見逃しなく。 ここでは、ビデオコンテンツデータが学生のエンゲージメントとリテンションに与える影響と、Panoptoのプラットフォームアナリティクスをどのように活用すれば、より良い結果を導くことができるかを探ります。 今すぐご予約を。

 

Panoptoは革新的なビデオ学習のリーダーです。

あなたの組織でトレーニングをレベルアップする準備はできていますか?

私たちのチームにご相談ください。

 

公開日:11月20, 2023