エンタープライズビデオを再考する時が来る

Panopto ビデオコミュニケーションとソーシャルナレッジ共有のためのプラットフォームの新しいリリースを導入

ワシントン州シアトル—(Marketwire — 3月13, 2013)-ビデオは、経営幹部、人事プロフェッショナル、トレーナー、マーケティング担当者から知識を伝達し共有するための重要な方法としてますます評価されています。しかし、エンタープライズ・ビデオが普及するにつれ、多くの企業がテクノロジーを扱うという従来の課題に取り組んでいます。

  • さまざまなシナリオに対応するさまざまなソリューション–デスクトップビデオソリューションでは、通常、従業員はWebカメラを使用してスクリーンキャストまたは録画できますが、ハイエンドの録画またはライブブロードキャスト機能は提供しません。対照的に、より洗練されたソリューションでは、複雑なビデオコンテンツやライブ放送をキャプチャできますが、高価なAV機器と専門的なサービスを使用する必要があります。
  • 共有の難しさ–ほとんどのビデオ録画および制作ツールは、単一のビデオファイルを出力します。このファイルは、さまざまなデバイスで再生するために手動で配布および変換する必要があります。これにより、ビデオアセットが部門のファイル共有とポータルに分散し、ビデオに簡単にアクセスして表示するための中央リポジトリがなくなります。
  • 動画内のコンテンツが見つからない — 今日、ほとんどのソリューションでは、従業員が録画中に言及された単語や画面に表示される単語を動画内で検索することはできません。

本日、Panoptoは、エンタープライズビデオの従来の課題に対処し、ビデオベースの知識共有とコミュニケーションをすべての従業員が利用できるようにするために構築されたビデオプラットフォームの最新リリースを発表しました。

  • あらゆる録画またはライブブロードキャストのための単一のソリューション– Panoptoを使用すると、従業員は、ラップトップとWebカメラから消費者までのビデオキャプチャデバイスの選択のみを使用して、単純なスクリーンキャストやプレゼンテーションから複雑なマルチカメライベントまで、あらゆるタイプのビデオを録画およびライブブロードキャストできます。プロのビデオカメラへのカムコーダー。
  • 自動共有 — Panopto 録画とライブ放送は、セキュアで一元化されたビデオライブラリに自動的にアップロードされ、変換され、従業員が任意のデバイスで即座に閲覧できるようになります。
  • ビデオ内の検索– Panoptoには、従業員が録音内で言及されている単語やプレゼンテーション中に画面に表示されている単語を見つけて早送りできる独自の検索エンジンが含まれています。

知識共有のための新しい社会的特徴

最新リリースでは、ソーシャル共有や動画の解説を容易にするために構築された新しい機能が導入されています。

  • コメント–視聴者は動画にコメントしたり、フィードバックを提供したり、他の従業員に洞察を共有したりできます。
  • 評価 — 動画は星1つから5つまでの評価が可能で、従業員は最も人気のある録音を見つけることができます。
  • ブックマーク — 従業員は、ビデオの再生中に、タイムスタンプ付きの共有可能なブックマークとメモを追加できます。

製品全体の新しい機能と使いやすさの改善

最新のリリースには、顧客からのフィードバックに応えて、使いやすさ、パフォーマンス、信頼性に対する新機能と拡張機能も含まれています。これらには以下が含まれます:

  • フェイルセーフの記録とブロードキャスト–停電、ハードウェアクラッシュ、およびその他の問題によって中断された記録とライブブロードキャストは、自動的に修復され、データを失うことなく再開できるようになりました。
  • 追加のビデオ分析 — Panopto は、ユーザーごとの分析と、ビデオストリーミング、キャプションサービス、およびクライアントソフトウェアライセンスのクォータを監視するための管理ダッシュボードをサポートするようになりました。
  • その他のファイル形式のサポート — 次のファイル形式を Panopto のメディアライブラリにアップロードできるようになりました:wma、mpeg、ps、TS、qt、mp2、m2a、m2v、m4a、m4v。

新機能と改善点のより包括的なリストは、Panopto のブログで確認できます

「Panoptoは、ビデオが人々のコミュニケーションと学習の方法を変えることができるという信念に基づいて設立された会社です」と、Panoptoの共同創設者兼最高製品責任者であるEricBurnsは述べています。 「今後数年間で、ビデオベースのエンタープライズコミュニケーションと知識共有は電子メールと同じくらいユビキタスになると信じています。本日のリリースで、私たちの目標は、お客様がその方向に重要な一歩を踏み出すのを支援することです。」

 

公開しました。月13, 2013日