Panopto Panopto 4.2 のリリースでオンラインビデオプラットフォームを強化

リリースには、ビデオ録画、管理、およびビデオ内検索の新機能が含まれています。

SEATTLE, May 29, 2012—Panopto Inc. announced the release of Panopto 4.2 today, delivering a range of new functionality to its online video platform for enterprise, education, and government customers.

リリースのハイライトは次のとおりです。

  • HDV ビデオカメラのサポート — Panopto は、HDV ビデオカメラによるプラグアンドプレイのビデオ録画とウェブキャスティングをサポートするようになりました。ウェブカメラ、DV、アナログビデオカメラ、HDMIキャプチャカード、VGAデバイスの既存のサポートに加えて、Panoptoはコンシューマーおよびプロフェッショナル録音デバイスのサポートにおける市場リードを拡大しています。
  • Remote Recorder Control Panel — 新しいコントロールパネルでは、管理者は、録画デバイスの選択、ビデオおよびオーディオソースの指定、およびすべてのデバイスからのリアルタイムプレビューの取得など、あらゆるWebブラウザから録画インフラストラクチャ全体を管理できます。
  • インスタント動画公開 — Panopto は、録画とウェブキャスティング中にバックグラウンドでビデオをアップロードし、完了すると即座にセッションを Panopto ビデオコンテンツ管理システム (VCMS) に公開するようになりました。
  • 新しい再生機能 — 複数のビデオストリームで構成される録画をタイルレイアウトで表示し、すべてのストリームを任意のデバイス上で同時に並べて表示できるようになりました。
  • 検索の関連性とパフォーマンスの向上 — 新しい関連性アルゴリズムと検索インデックスが改善され、Panopto のビデオ検索エンジンが高速かつ正確になりました。

Panopto 4.2のその他の機能強化として、Panopto 動画コンテンツ管理システムにCamtasia動画をインポートする機能、Panopto iPhoneアプリ内のLMSシングルサインオン、動画再生パフォーマンスの向上、Panopto の開発者向けAPIの更新などが挙げられます。

Panopto の共同創設者兼最高製品責任者、エリック・バーンズ氏は次のように述べています。「ビデオは、教育や知識業界を問わず、複雑なアイデアを伝えるのに不可欠なツールになりました。「Panopto の最新リリースの機能強化により、ビデオの作成と管理がさらに容易になり、それらの機能をプロデューサーや視聴者の最大の視聴者に提供できるようになります。」

公開日2020年5月4日