Panopto GoToMeeting 録音を管理、検索、再生する最も簡単な方法を紹介

シアトル、4月10, 2018 –パノプト、一流 動画プラットフォーム 企業や大学向けのプロバイダー、本日、GoToMeetingとの統合を発表しました。これにより、GoToMeeting内の録音の管理、共有、検索のプロセスが劇的に簡素化されます。

多くの組織にとって、オンライン会議やWeb会議を記録することは、従業員の知識を保存および共有するための効率的な方法になっています。 GoToMeetingを含む多くのWeb会議ソリューションは、オンライン会議で提示された音声および画面コンテンツをキャプチャする基本的な録音機能を提供します。ただし、GoToMeetingの組み込みの記録機能には、次の3つの基本的な欠点があります。

  1. 会議の最後に、GoToMeetingの録音はプレゼンターのコンピューターにダウンロードされるだけで、同僚と共有するのが簡単に制限されます。
  2. GoToMeeting ビデオファイルは、企業ネットワークやインターネットをまたいだ効率的なストリーミング用にフォーマットされず、帯域幅に不必要な負荷が生じます。
  3. GoToMeeting の録画では、オンラインミーティングのコンテンツを検索可能にしないため、他の従業員のオンデマンド参照として各動画の価値が制限されます。

本日の発表では、最小限のセットアップと構成を必要とするエレガントなソリューションでこれらの欠点に対処しています。ユーザーは、GoToMeetingをインストールし、Panoptoをインストールして、Panoptoインターフェース内の1つのチェックボックスをクリックするだけです。その時点から、GoToMeetingから開始された記録は、自動的にPanoptoにアップロードされ、ユーザーの個人用フォルダーに公開されて、即座にアクセスして安全に共有できるようになります。

「オンライン会議は、アイデアや情報をリアルタイムで交換するための好ましい方法になっていますが、会議が記録および共有されない場合、その価値は一時的なものになります」と、Panoptoの共同創設者兼CEOであるEricBurnsは述べています。 「今日、私たちは次の論理的な一歩を踏み出し、従業員がGoToMeetingの記録を自動的に公開し、安全で検索可能なビデオライブラリで共有できるようにします。」

GoToMeetingRecordingsをネットワークフレンドリーで検索可能にする

GoToMeeting の録画がPanoptoにアップロードされると、最新のビデオストリーミングプロトコルを使用して、あらゆるデバイスで最適な再生を実現し、企業のWANやインターネット全体で効率的にストリーミングできるように自動的にトランスコードされます。

Panopto は各 GoToMeeting 記録にインデックスを付けて、会議中に提示されたコンテンツ(話された単語や画面に表示されるすべての単語を含む)を、手動でタグ付けする必要なく、キーワードで検索できます。これにより、視聴者は、特定のトピックがカバーされたミーティングの正確な瞬間を見つけて早送りすることができます。

PanoptoのGoToMeeting統合は、Panoptoのお客様が追加費用なしで利用できるようになります。 GoToMeetingとのこの新しい統合は、Panoptoが他のWeb会議ソリューションと確立した同様の統合に従います。 Zoom, bluejeans、および ビジネス用skype.

Panoptoについて

Panoptoは、企業や大学が組織の知識を検索できるビデオライブラリを作成するのに役立ちます。 2007年以来、同社はビデオキャプチャソフトウェア、ビデオコンテンツ管理システム、およびビデオ内検索テクノロジーのパイオニアです。今日、Panoptoのビデオプラットフォームは、世界最大の専門家学習ビデオのリポジトリです。シアトルに本社を置き、ピッツバーグ、ロンドン、香港、シドニーにオフィスを構えるPanoptoは、その革新性、急速な成長、企業文化で業界から認められています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.panopto.com.

公開しました。4月09, 2018日