Bring Your Own Device "にビデオが欠かせない4つの理由

BYOD(Bring Your Own Device)は、企業のIT部門で最近流行しているもので、1回の大規模なポリシー変更でハードウェアコストの削減、効率の向上、従業員の士気の向上を実現することができます。

しかし、Bring Your Own Deviceは、包括的なハードウェア投資戦略であることに間違いはありません。将来の計画を怠ると、BYODをサポートする必要があると同時に、従業員のために追加のハードウェアを用意しなければならなくなる可能性があります。

従業員が自分のデバイスを持ち込むことによるコスト削減や効率化を実現するためには、組織全体で十分なBYODアクセスを確保するだけではなく、計画を立てる必要があります。従業員が個人のデバイスで既に使い慣れているツールを計画する必要があります。また、従業員が現在オフィスで採用しているコミュニケーション・ツールを計画する必要があります。

そして、新しいホワイトペーパー「Bring Your Own [Video Ready] Device 」で詳しく説明していますが、これはビデオの計画を立てる必要があることを意味しています。その理由は以下の通りです。

1位:職場ではすでに動画が浸透している

統計が物語っていますが、ここではその一部をご紹介します。

つまり、動画はもはや単なる付加価値ではなく、必要不可欠なものなのです。

BYOD戦略の一環としてビデオを導入していない場合、最も重要かつ急速に成長しているコミュニケーションツールの1つを利用していないことになります。

 2: ビデオはコミュニケーションを向上させ、生産性を高める

BYODを導入する企業の多くは、企業文化のオープン性と共有の可能性を高めたいと考えています。

初期の評価では、 BYODはまさにそれを実現することができます 。CIOによると

  • 73%の企業が、BYODを採用した後、効率が向上したと報告しています。

  • 47%の企業がBYODによって従業員の効率が向上したと回答

  • 51%の企業が、BYODによって従業員の創造性が高まったと報告しています。

それらの結果は、動画によって増幅されます。Gartner Researchが指摘しているように、「ほとんどの組織は、ビジネス目標をサポートするためのソーシャルビデオ(社内システムのYouTubeに触発されたもの)の必要性を理解し始めたばかりです」。

適切なテクノロジーが導入されていれば、フロントラインのチームはiPhoneを使って問題点を動画ですぐに記録し、営業チームはミーティング後の振り返りをすぐに撮影し、ホームオフィスのチームは何千ものチャネルパートナーとトレーニング教材を共有することができます(自社とは異なるテクノロジー設定を持つチャネルパートナーも含む)。

エンタープライズビデオは単なるビデオ会議ではありません。ビデオはコミュニケーションの増幅器であり、組織のすべてのメンバーに関係する使用例があります。

  • 製品や機能のデモを撮影し、競合他社との比較をするために、動画を活用しています。

  • ビデオは、社員の入社式やトレーニングの際に、企業文化を理解し、役割を果たすために使われます。

  • ビデオは、組織的な知識を記録して共有する方法であり、個々の専門家は、2階先のチームメイトから別の大陸の同僚まで、より多くのことを成し遂げ、戦略的な差別化要因を最大限に活用するための秘訣を示すことができます。

  • 私たちは、現場のチームとのコミュニケーションを動画で行っています。それは、現場の社員にホームオフィスからの情報を提供するためでもあり、また、市場が私たちの製品やサービスにどのように反応しているかという現実について彼らの意見を聞くためでもあります。

  • C-suite(最高経営責任者)とのコミュニケーションや、離れた場所にいる同僚との簡単な打ち合わせなど、アイデアを共有するにはビデオが必要です。

  • ビデオは、プレゼンテーション、提案書、ピッチなどを最初に確認し、後に保存する方法です。

ほぼすべての組織のほぼすべての従業員にとって、ビデオ接続の重要性はますます高まっており、より明確なコミュニケーションやより迅速な問題解決が容易になっています。

3: BYODをビデオで実現することで、ビデオのハードウェアを購入する必要がなくなる

BYOD戦略の一環としてビデオを導入しないと、コミュニケーション・ツールとしてのビデオの価値を失う危険性があるだけでなく、社員が使用するビデオ・キャプチャー・テクノロジーのために自社の予算が必要になります。

トレーニングチーム、イベントチーム、A/Vチームを拘束しているか、高額な録画ハードウェアやホスティングソリューションを費用計上しているか、必要なビデオ制作をベンダーに委託しているか(時間と機材の両方を支払っている)に関わらず、社員が自分でビデオを制作する能力を制限することは、すでに少なからず財務上の負担となっています。

そうでなくてもいいんです。

BYODの一環としてビデオを利用できるようにすることで、従業員は、これまで身近にあった様々な汎用録画機器をすぐに利用できるようになります。

会社で支給されるノートパソコンにも、個人で所有するノートパソコンにも、ほとんどの場合ウェブカメラが内蔵されています。また、高級なスマートフォンからベーシックなフィーチャーフォンまで、ほぼすべての携帯電話にカメラが搭載されています。さらに、ウェブカメラ、HDカムコーダー、ビデオ対応のウェアラブル製品(Google Glass)など、社員がすでに持っていて、あなたが協力してくれれば使いたいと思っているような録画技術もあります。

これらのデバイスのビデオ録画機能を有効にすると、ハードウェアの提供や従業員のトレーニングに費用をかけることなく、ビデオのメリットを享受することができます。だからこそ、BYODプログラムに組み込むことが不可欠なのです。

4: BYOD-Plus-Videoを実現するための適切なビデオプラットフォームを既に持っているかもしれない

BYOD戦略にビデオをうまく組み込むには、2つの基本的な要件を正しく理解する必要があります。

  1. スマートフォンやタブレットで撮影した映像を簡単かつ安全に共有することができます。

  2. 従業員が職場に持ち込むモバイル端末でビデオを視聴できるようにすること

これは短いリストではありますが、多くのアーリーアダプターにとっては高いハードルであることがわかります。特に、ポイントフィックスやアドオンのソリューションでBYODの一部としてビデオを有効にしようとしている企業にとっては、そのハードルは高くなります。

あなたの組織では、より良いオプションがすでに導入されているかもしれません。ビデオコンテンツ管理ソリューションを利用すれば、BYODの一環としてビデオを展開することができるかもしれません。

最新のビデオコンテンツ管理システムには、様々な種類のビデオやオーディオファイルを受け入れ、標準的なデスクトップブラウザからモバイルに最適化されたHTML5やアプリベースのビューアまで、様々なデバイスで視聴可能なフォーマットに自動的に変換するトランスコーディングソリューションが含まれています。

VCMSの中には、PCやMacのブラウザ、iOSやAndroidのモバイルデバイスなど、複数のデバイスに対応したモバイルクライアントを搭載しているものもあります。これらのクライアントアプリは、オンボードまたは追加のカメラを使ってビデオを撮影し、通常は他の録画済みビデオをアップロードすることもできます。

ビデオコンテンツ管理ソリューションは、適応ビットレートストリーミングやその他のファイル圧縮技術を組み込むことで、組織のビデオ利用が拡大しても、ネットワークの帯域幅を管理することができ、事実上あらゆるデバイスでどこでもビデオを利用できるようになります。

最新のビデオコンテンツ管理システムは、組織のビデオのための単一の集中型ライブラリを提供し、その多くは事実上あらゆるデバイスとの接続が可能です。企業のビデオコンテンツ管理システムは、BYODにビデオを迅速かつ簡単に追加できるかもしれません。

BYODをお考えですか?未来とビデオのための計画。Panoptoは、BYODを重視する企業が、従業員が、初日からすべてのデバイスと完全に統合されたシンプルで直感的なプラットフォーム上で、ライブまたはオンデマンドでストリーミングされる素晴らしいHDビデオを作成、共有できるようにします。

Panoptoを無料でお試しください。.

公開しました。2月25, 2014日