• トレーニング

知識のギャップを埋める

労働者トレーニングを改善する5つのビデオ学習戦略

今日、進化する労働力において、継続的な学習と高度なスキルへの期待はかつてないほど高まっている。 しかし、スキルの時代には、それがないとビジネスに問題が生じる。 調査によると、マネジャーの55%以上が そして、次のように推定されている。 2025年までに従業員の58%が再教育を受ける必要がある それぞれの役割で競争力を維持するためだ。

技術の進歩、市場ダイナミクスの変化、新たなスキル要件は、企業が競争力を維持し、高い生産性を維持するための大きな課題となっている。 技術トレーニング、主題専門家、リスキル・アップスキル・プログラムによって知識のギャップを埋めることは、収益損失や離職を防ぐのに役立つ。

ここでは、スマートなビデオ学習トレーニングモデルを使って知識のギャップを埋める5つの戦略を紹介する。

継続的学習のためのオンデマンド知識リポジトリを構築する

継続的な学習プラットフォームを提供するために、技術トレーニング、リスキル・アップスキル教材、主題の専門知識を集めた組織のオンデマンド・ライブラリを構築する。 従業員にそれぞれの役割に関連した適切なトレーニングを与えるだけでなく、そのようなリソースをすぐに利用できるようにすることだ。 そしてそれは、従業員がいつでもどこでも働く(学ぶ)ことを意味する。 アクセスしやすい安全な学習経路を提供することで、組織は従業員が定期的に新しいスキルや知識を習得できるようにする。

オンデマンド・コンテンツ・ライブラリー 従業員は、仕事中でも、自宅でも、あるいはその両方でも、自分に最も適した教材を使って、自分のペースで自分の条件で学習することができる。

学習内容をパーソナライズし、関連性を持たせ、興味を持たせる

トレーニングを成功させるためには、学習者の嗜好が重要である。 ビデオベースのトレーニング・コンテンツは、個々の従業員のニーズや学習スタイルを満たすのに役立つ。 それは、自分の好きなデバイスから、あるいは自分が一番よく知っている言語で学ぶということかもしれない。 適切で利用しやすい研修資料は、機能する知識共有プロセスを構築するのに役立つ。

捕捉の文化が専門知識を永遠に保つ

リモートキャプチャからコンテンツ作成ツールまで、専門知識を共有するための適切なツールで組織を強化する。 捕捉の文化とは、専門知識を持つ従業員に創造を促すことを意味する。 永遠に保存されるビデオ・コンテンツは、指導の時間というピアツーピア・ラーニングのトレーニング・コストを削減することができる。 

第2項(専門家の知識を取り込む)(主題専門家やピアツーピア・トレーニングに頼ることに関連するコストと時間を削減する。)

統合された技術ツールでシームレスな学習体験を提供する

シームレスな学習のために、ビデオ学習プラットフォームが従業員の好みのツールと統合されていることを確認する。 非統合は、従業員が情報を探す時間を浪費し、ツール過多で頭脳を消耗させ、離職文化を生み出す。

統合は、学習に対する摩擦や障壁を減らす。 Panoptoのようなプラットフォームがあれば、組織内の技術ツールを統合することができ、動画による学習が複雑なものにならずに済む。 知識のギャップをうまく埋めることは、従業員が使うツール間のギャップを埋めることでもある。

知識ギャップを特定するためにアナリティクスを利用する

ビデオコンテンツ分析は、知識のギャップがどこにあるかという、インパクトのあるストーリーを語ることができる。

スマート・ビデオ・プラットフォームを使って、主要業績評価指標(KPI)と測定基準を設定し、知識が不足している箇所を特定できるようにする。 従業員全体の学習コンテンツの有効性、完了率、エンゲージメントを追跡し、ギャップに注意を払う。 社員がもっと学びたいところ、コンテンツが十分でないところ、閲覧したものからエンゲージメントが低下しているところを評価する。

研修内容と従業員エンゲージメントを継続的に評価することで、研修イニシアティブを適切なビジネス・ニーズに合わせることができる。 高度なビデオコンテンツプラットフォームで、アナリティクスがビジネス目標の戦略的一翼を担うよう、人材開発モデルを洗練させよう。

Panoptoでよりスマートなナレッジ・ジャーニーを実現する

Panoptoは、従業員が必要なトレーニングを瞬時に見つけられるようにし、ビジネスリーダーが従業員に最も必要なトレーニングを理解できるようにすることで、企業の知識ギャップを埋める手助けをする。

どのように学ぶか Panopto そのギャップを埋めることで、人材育成に革命を起こし、ビジネスの持続可能な成長を促進することができる。