撮影プロセスを反転させる - Panoptoによるスタッフの自己反省会

John Leggott Collegeでは、学生の学習体験を向上させることに重点を置いています。つまり、学習用テクノロジー・マネージャーとしての私の役割は、何が学習者の興味を引き、最高の結果をもたらすのかを教師が見つけられるようにサポートすることです。私は常に、教師が教材を改良したり、デジタルに精通した生徒と新しい方法でつながるための技術を探しています。私は昨年、教育と学習のためのビデオ技術を検討し始め、主に教師が自分のレッスンを振り返って反省できるように、レッスンキャプチャーにPanoptoを使い始めることにしました。多くの大学が、スタッフのトレーニングや開発のためにレッスンを記録することは、うまくいっている点と改善が必要な点の両方を特定するための素晴らしい方法であることに気付き始めています。

そのためには、教師にカメラを向けて、自分の印象を確認し、プレゼンテーションスタイルのプラス面とマイナス面の両方を評価するのが一見明白な方法です。しかし、John Leggottでは、その論理を覆し、レッスン中の生徒を撮影することにしました。結局のところ、私たちが本当に興味があるのは彼らの学習経験です。そのため、生徒がレッスンにどのように反応しているかを記録することは、私たちにとって非常に重要です。そうすることで、どのトピックや教室での活動がインスピレーションや興味をかき立てるのか、逆にどの部分が退屈や混乱を引き起こすのかを測ることができるのです。このようにして、教師は生徒の視点からコンテンツを逆算することができるのです。

私たちは、すべての教師が自分のレッスンを見返して自己改善することを奨励しています。また、ビデオをコーチと共有することも推奨しています。コーチは、教師とペアを組んで自分の指導スタイルを改善するためのもう一人のスタッフです。私たちは、先生が自分のレッスンを共有することを強要することはありませんが、レッスンがどのように行われたかについての第二の視点を得ることは、特に新任の先生にとっては非常に貴重なことです。私たちは、ビデオは先生が好きなように使えるということを基本としています。つまり、先生がどのように進めたいかによって、共有するかしないかを決めることができます。Panoptoのパーミッション構造により、このような柔軟性を先生方に提供することができ、非常に助かっています。また、先生方があまり恥ずかしがらない場合は、ビデオコンテンツをスタッフイントラネットに埋め込んで、ベストプラクティスの例を共有できるようにしています。

Panoptoは、自己反省とCPD(Continuing Professional Development)のためのツールとしてスタートしましたが、今では先生方がどのようにビデオを授業に統合したいかという新しいアイデアを持って私たちのところにやってくることがわかりました。生徒を観察するだけではなく、生徒とコンテンツを共有するためにビデオを使いたいというのです。社会学や物理学などさまざまな分野の先生方が、復習のために一口サイズのビデオを撮影していますが、その多くは実用的なデモンストレーションや、ビジュアライザーを使って例えば方程式を示したりしています。イースターの後には、VLE(仮想学習環境)や図書館サービスの使い方など、学生の導入プロセスの一部をビデオで公開するプロジェクトを実施する予定です。また、英語のスピーキングテストや現代外国語学部でも使用する予定です。

もちろん、このシステムが定着するまでには時間がかかりました。当初は、かなりの割合のスタッフが撮影を嫌がり、音声やスクリーンキャプチャを使用していましたが、先生方がシステムに慣れてくると、録画にビデオを使用する先生が増えてきました。もちろん、Panoptoは生徒のエンゲージメントを向上させるために先生方が使用している多くのテクノロジーの一つに過ぎませんので、先生方にとって身近で使いやすいものであることが重要です。Panoptoは、私たちのロゴやブランドカラーを使ってカスタマイズすることができるので、この点でも助かっています。最新のリリースでは、ユーザーインターフェースを「John Leggott風」にすることが非常に簡単にでき、スタッフがこのビデオ技術を「私たちのもの」と認識できるようになりました。このようなオーナーシップは、このシステムをより多くの教師や生徒に使用してもらうために非常に重要です。

Panoptoがどのように大学の教育と学習の改善に貢献できるかについて、もっと知りたい方は をご覧ください。 カスタムブランディングについての詳細はこちら

公開しました。4月10, 2014日