カンファレンスをお持ちですか?シーメンスがやったことをやろう。Panoptoの導入

大規模な国際会議を間近に控え、シーメンス社は共通の課題に直面していました。それは、貴重なプレゼンテーションをいかにしてタイムリーに、費用対効果の高い方法で記録・保存するか、そして何よりも、直接参加できない世界中の聴衆の大部分に役立つものにするかということでした。

先日公開した のケーススタディでは、この課題を次のように説明しています。

"これまでの経験から、この問題は決して小さなものではありませんでした。従来のイベント記録は、いくつかの問題を抱えていました。

  • 高額な人材と機材。 イベントプランナーは、プロのAVコンサルタントやビデオグラファー、さらに多数のマイクやカムコーダーなどの高価なハードウェアに予算を割かなければなりませんでした。
  • 複雑で手間のかかる作業です。 プロのAVコンサルタントでも、複数のセッションを同時に収録することや、タイトなスケジュールを守ることに苦労することがありました。機材のセットアップにも時間がかかり、録画したビデオを編集ソフトにアップロードする作業にも時間がかかりました。
  • 最終製品の提供が遅い。 一度撮影した映像を見たり共有したりするには、何度も長時間のポストプロダクション編集を行う必要があります。

 

このような問題が続いたため、シーメンス社の会議プランナーは、会議をデジタルで再現するには 200時間の作業が必要で、 、イベント後30日から45日 には間に合わないだろうと予測していました。

それで、今回は違うことをやってみようということになったのです。

代わりにPanoptoを使用した。

シーメンス社がこのような課題を(しかも記録的な速さで)克服した事例については、 、855.PANOPTOまでお問い合わせください。

おすすめ記事