この記事に記載されているクアルコム製品は、Qualcomm Technologies, Inc.およびその子会社が提供しています。

Qualcomm Wireless Academy(QWA) は、過去17年間で何万人もの学習者を育成してきた世界トップクラスのワイヤレス教育機関です。QWAのカリキュラムは、Qualcomm Technologies社の最先端のソリューションを開発し、実世界のワイヤレスに関する課題を解決するエンジニアによって開発されており、その深さと幅広さは業界でも他に類を見ません。Panoptoを利用しているQWAは、24カ国の学習者に向けて年間80~100のコースを提供しており、2020年から2021年の間にユーザー数を2倍以上に増やしています。

QWAのプログラムマネジメント担当シニアディレクターであるVikram Malhotraに、パンデミックから得た教訓、ハイブリッドな世界でトレーニングプログラムを強化するためのアドバイス、そして学習と開発(L&D)の未来について語ってもらいました。

PanoptoL&Dのリーダーにとって、ここ数年は変革の年でした。COVID-19のパンデミックにより、トレーニングプログラムにどのような影響がありましたか?

マルホトラ:COVID-19は、当社のオンライン学習への動きを加速させました。QWAでは、インストラクターによるトレーニング、教材、eラーニング(完全にオンラインで受講するコース)を提供していますが、従来は対面式のトレーニングが中心で、eラーニングはそれを補完するものでした。

幸運なことに、私たちはすでにパノプト社との関係を築いており、オンライン学習のブームに適応し、バーチャルなインストラクター主導のトレーニングに切り替えることができました。Panopto社のサポートにより、160時間以上の5Gトレーニングを含む50コースのeラーニングポートフォリオを再構築しましたが、これは私たちが非常に誇りに思っていることです。私たちはeラーニングのパラダイムをより早く取り入れることができました。

QWAは現在、どのようにトレーニングを提供しているのでしょうか?

現在では、非同期型トレーニングへのニーズが高まっているため、非同期型で検索可能な教材へのアクセスと、講師やSMEとのリアルタイムの対話を組み合わせて提供しています。

すべてのeラーニングコースは、同期型の講師紹介から始まり、非同期型のトレーニング教材を提供しています。また、コース中の特定のポイントでは、講師がリアルタイムでディスカッションを行うこともできます。このような手取り足取りのサポートと自主的な学習の組み合わせは、受講者からのフィードバックも多く、非常に効果的だと感じています。

分散型学習への移行について、何か驚いたことはありますか?

私たちは、eラーニングがいかに早く普及し、簡単に採用され、シームレスに当社の主流製品となったかに本当に驚きました。

QWAのトレーニングが非常にユニークなのは、QWAのインストラクター全員が、実際にクアルコムテクノロジーズのサブジェクトマターエキスパートエンジニアとして活躍しているからです。当社のコースは、教える技術の発明に貢献したまさにその人たちによって開発され、提供されています。

プロのトレーナーでなくても、講師たちはTeams、Zoom、Panoptoなどのツールを使ってコミュニケーションや指導方法を工夫し、適応させ、変化させ、リモートやハイブリッドトレーニングという新しい世界へと導いてくれました。私たちは、技術トレーニングの深さ、幅広さ、可用性を提供し続けることができました。

L&Dにはどのような傾向や変化が見られますか?

トレーニングの進化には、「技術革新」「人とのつながりの向上」「規模とアクセスの拡大」という3つの重要なトレンドがあると考えています。

まず、トレーニングマネージャーは、学習者側と講師側の両方で、変化するテクノロジーに目を配る必要があります。学習者の声に耳を傾け、視聴者のニーズや好みを十分に理解すること。例えば、モバイル端末で学習する人が増えているので、オンライン学習コンテンツもモバイル向けに完全に最適化する必要があります。QWAでは、情報提示におけるARやVRの影響から、非常に技術的な学習体験をより楽しく、消化しやすくする方法、テクノロジーを使って学習成果をよりよく測定する方法まで、あらゆることを評価しています。

第二に、L&Dのリーダーが今直面している最大の課題の一つは、オンライン学習体験にいかに人間味を取り入れるかということです。私たちは、より深い内容を長期的に理解するためには、教師と学習者の間の人間的な交流が不可欠であると考えています。これは単にリアルタイムのコミュニケーションを意味するものではありません。テクノロジーの進歩により、非同期のビデオコラボレーションなど、人と人とのつながりをより簡単に、より楽しいものにするためのエキサイティングな手段が数多く開発されています。L&Dは、テクノロジーと人とのつながりを革新的に共存させる方法を模索し始めたばかりです。私たちは、学生に最高の学習体験を提供するために、これを劇的に向上させることができると信じています。

最後に、オンライン学習や分散型学習の成功は、アクセスとインクルージョンを大規模に拡大できる可能性を示しています。技術の進歩は、技術トレーニングを民主化し、恵まれない人々や社会的地位の低い人々が利用できるようにするのに役立ちます。オンライントレーニングの規模が大きくなれば、より多くの人を受け入れることができるようになるでしょう。

私たちは、テクノロジー・トレーニングの未来にとても期待しています。クアルコムテクノロジーズでは、イノベーションは私たちのDNAであり、Panoptoのような一流のテクノロジー企業と協力して、知識を共有する方法を改善するための新しい最先端のソリューションを模索しています。私たちは、この分野でエキサイティングなことができると思っています。

Qualcomm Wireless Academy のケーススタディを読んで、どのようにPanoptoを使ってeLearningを拡張しているかを知ってください。

公開日:11月29, 2021