BETT 2014の感想

私は過去5年間、 BETT に来ていますが、パノプトを代表して参加するのは今年が初めてです。今年はパノプトを代表して参加する初めての年になります。今回のショーの間に人々が私たちと話していた主要なテーマをいくつか紹介したいと思います。

BETTの印象 - Panopto Video Platform

最近話題になっている大きなトレンドは、 flipping the classroom です。もちろん、反転授業は以前から話題になっていましたが、私たちが話を聞いた人たちは、以前よりも積極的に授業や学習の実践に取り入れていました。中には、従来の教授法よりも反転授業を優先するために、教授法や学習法全体を見直すことを検討している人もいます。私たちのユーザーの間でもこの傾向が強まっており、多くのユーザーが講義の収録や教室での記録にとどまらず、ビデオを使って反転授業を行っています。

もう一つのトピックは、ビデオを使った教員研修の改善です。先生方は、自分のレッスンを撮影して、それを振り返って指導方法を磨くことの利点を探り始めています。これは、フリッピングよりもはるかに新しいビデオの利用法であり、今後数年間でどのように発展していくかが注目されます。

最後に、私たちが話を聞いた人たちが特に興味を持ったテーマは、 ビデオコンテンツによる学生のフィードバックの強化 です。これは、ビデオを使ってトレーニングを教えることよりも、もっと早い段階にあると思います。私たちの大学のお客様の中には、このような取り組みを始めているところもあり、これまでに実に興味深い結果を出しています。来年には、より多くの学校や大学で、ビデオを使った授業が行われるようになると思います。

以上がBETT 2014での私の印象です。もしあなたの心に響くものがあれば、さらに話し合いたいと思われる方は、お気軽に fandrews@panopto.com までメッセージをお寄せください。

公開日:1月27, 2014

おすすめ記事