Panopto 4.5の紹介

本日、私たちはビデオプラットフォームの最新リリースを発表しました。今回のリリースでは、すっきりとしたウェブUI、新しいバッチアップロード機能、リモートレコーダーのアップデート、Section 508に準拠したアクセシビリティの向上、企業ポリシーに準拠した新しいセキュリティオプション、録画品質の向上などが実現されています。

シンプルなユーザーインターフェース
Panopto 4.5の最も目立つ変更点は、ビデオコンテンツ管理システム(VCMS)内のUIの更新です。メインコンテンツ画面のレイアウトを簡素化し、読みやすさを向上させ、製品の主要機能へのアクセスを簡素化しました。

例えば、VCMS画面の上部に「作成」ボタンを追加しました。これにより、新しいビデオの録画、既存の録画のアップロード、ウェブキャストの準備、録画のスケジューリング、あるいは単に新しいフォルダの追加などを、製品内の一箇所で行うことができます。

また、ビューアーにも新しい機能を追加しました。ひとつは、10秒の巻き戻しボタンで、見逃した映像を簡単に見直すことができます。また、動画の再生品質を自動/手動で選択できるようにしました。視聴者の利用可能な帯域幅に応じてビデオの品質を自動的に調整するアダプティブ・ストリーミングは、デフォルトで有効になっています。視聴者は、「中」または「高」の品質を選択して、常に特定の品質で再生できるようになりました。この機能は、高精細な映像を必要とするビデオを視聴する視聴者に最適です。

ボタンの作成 - Panopto 45_0

作成ボタンは、VCMSからの最も一般的なタスクへのアクセスを容易にします。

一括アップロード
また、Panopto 4.5の新機能として、ビデオのコレクションをウェブインターフェイスにドラッグ&ドロップするだけで、同時にインポートすることができます。これにより、既存のビデオを簡単に一元化し、検索可能にして、どのデバイスでも閲覧できるようにします。Panoptoは、.avi、.asf、.wmv、.mpg、.ps、.ts、.m2v、.mp2、.mod、.mp4、.m4v、.mov、.qt、.3gp、.flv、.f4v、.mp3、.wma、.m2a、m4a、.f4aなど、幅広いファイルタイプをサポートしています。サポートされているコンテナとコーデックの全リストについては、ここ をクリックしてください

バッチアップロード - Panopto 45_0

新機能「バッチアップロード」で最大100個のファイルを同時読み込み

リモートレコーダー ヘルスダッシュボード
今回のリリースでは、Remote Recorderのダッシュボードのデザインも一新されました。新しいダッシュボードでは、組織のビデオインフラ全体の健全性を1つの場所で確認することができます。会議室、講堂、教室に設置されたPanoptoレコーディングステーションの映像と音声をプレビューすることができ、レコーディングやライブ放送が正しく機能していることを確認することができます。

リモートレコーダー ダッシュボード - Panopto 45_0

管理者は、レコーディングインフラ全体を1つのページで俯瞰することができます。

視覚障害者・聴覚障害者のためのアクセシビリティ
本日のリリースでは、508条のアクセシビリティ基準に対する既存のサポートを拡張し、ウェブベースのビューアとVCMSのキーボード・アクセシビリティとスクリーン・リーダーのサポートを追加しました。目の不自由な方は、最も一般的なスクリーンリーダーであるJAWSとNVDAを使ってPanoptoのビデオにアクセスすることができます。聴覚障害のある方のために、本日のリリースではPanoptoのビデオポッドキャストにクローズドキャプションを導入しました。

組み込みビューアのキャプション - Panopto45

既存のウェブサイトにPanoptoのビデオを組み込んでいる企業は、クローズドキャプションを使って聴覚障害者がビデオにアクセスできるようになりました。

録音品質
最近では、ビデオキャプチャーやスクリーンレコーディングのソリューションが数多く販売されています。私たちの目標は、最高品質のマルチトラック再生機能をソフトウェアに提供することです。今回のリリースでは、Windowsレコーダーの最大ビデオ録画解像度とフレームレートを向上させ、音量不足やサウンドクリッピングを防ぐためにオーディオゲインコントロールを追加しました。

セキュリティ
今回のリリースでは、IT管理者向けに、組織のポリシーに準拠した新しいセキュリティ機能を追加しました。まず、サイト全体のSSLがサポートされ、PanoptoのVCMSへの通信が暗号化されるようになりました。2つ目は、管理者がPanoptoのログイン資格にパスワード要件を強制することができます。例えば、管理者はパスワードに大文字、小文字、特殊文字、数字の組み合わせを要求することができます。また、以前のパスワードの再利用を防ぐために、パスワードの履歴を管理することもできます。最後に、Panoptoのすべての認証されたユーザー間でのビデオ共有を簡素化するために、「すべてのユーザー」のアクセスコントロールリスト(ACL)を導入しました。

今後数週間のうちに、ホステッドとオンプレミスのお客様にPanopto 4.5をリリースします。このブログでは、このリリースでの変更点を詳細に説明したビデオやアップデートをお届けします。

公開された10月15, 2013日